「青色申告」の版間の差分

== 青色申告の特典 ==
=== 所得税の青色申告特別控除 ===
「正規の簿記の原則」による記帳を行っている不動産所得者(事業的規模に限る)および事業所得者に対する65万円(2020年分以後電子申告又は電子帳簿保存を行わない場合に青色申告者は、55万円<ref>[https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf#search=%27%E9%9D%92%E8%89%B2%E7%94%B3%E5%91%8A%E6%8E%A7%E9%99%A4+%E5%9B%BD%E7%A8%8E%E5%BA%81%27 青色申告特別控除額が変わります!!]国税庁</ref>)特別控除と、正規の簿記の原則に該当しないが簡易な簿記による記帳を行っている者(不動産所得者、事業所得者、山林所得者)に対する10万円特別控除がある。
記帳業務が煩雑化するための手間を手当てするための概算経費としている。
 
記帳業務が煩雑化するための手間を手当てするための概算経費としている。今日では、事業主や家族・被用者がクラウド[[会計ソフト]]を使用<ref>{{Cite book|author=谷口健|title=『週刊エコノミスト』「AIに負けない!税理士・会計士」25頁|date=2017.11.28|year=|accessdate=|publisher=毎日新聞出版|author2=|author3=|author4=|author5=|author6=|author7=|author8=|author9=}}</ref>して、簡単に申告出来るようになった。
 
=== 少額減価償却資産特例 ===
 
=== 青色事業専従者給与 ===
所得税では、同一生計家族に支払う給与は原則として必要経費として認められないが、青色申告者が青色事業専従者に支払う適正な給与は事前届出の範囲内で認められる。
 
=== 貸倒引当金 ===