「クラッチ」の版間の差分

「機能」の段落を削除
m (→‎磁性粉体クラッチ: {{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB)
(「機能」の段落を削除)
 
動力がまったく伝わっていない状態を「クラッチが切れている」と表現し、この状態にすることを「クラッチを切る」という。反対に、動力を完全に伝えている状態を「クラッチがつながっている」と表現し、この状態にすることを「クラッチをつなぐ」という。
 
== 機能 ==
クラッチはエンジンとトランスミッションの間に配置された一連の部品で構成され、多くの機能を有する。 接続状態では、エンジンから供給されるトルクを車輪に伝達する。自動車では、クラッチが接続されると、エンジンはトランスミッションに結合される。クラッチが切れている状態では、動力が伝達されなくなる。自動車では、車輪が空転したり停止したりする時、エンジンはトルクを車輪に伝達することなく回転し続けることができる。中間位置では、摩擦によってトルク伝達を徐々に回復させる。 
 
パワーの定義式を考えると
[[ファイル:Embrague2.png|450px|right|thumb|'''ダイヤフラム式単板ディスククラッチの構造と動作''' A:カップリング位置、B:デカップリング位置 1.クランクシャフト(または他の駆動シャフト) 2.フライホイール 3.クラッチディスク 4.プレッシャプレート 5.スプリングまたはダイヤフラムスプリング 6.主軸または従動軸 7.スラスト・ベアリング 8.クラッチカバー 9.サポートリング 10.固定ネジ 11.リング]]
  <math> P = M \omega = \frac{2\pi Frn}{60} </math>,
 
    M=トルク
 
    r=クランクシャフトのクランクピンの回転半径 
 
    F=コネクティングロッドに加わる平均的な力
 
    n=エンジンの回転数 (rpm)
 
    ω=角速度= 2πn/60
 
これによれば、回転による力の伝達(力のモーメントまたはトルクと同義)において、回転速度(RPM)の低下は、同じ割合でトルクが増加することを意味する。これはギアボックスにおける減速と同様に、トルクを得るために回転速度を低下させる。したがって、エンジンを接続する際のショックや振動を軽減することは、摩擦による熱損失を無視すれば、トルクと回転速度の積すなわち動力を維持しつつ、伝達されるトルクを増加できることを意味する。これは、非常に急な丘を登る際に、クラッチを長時間にわたって「滑らせる」ことを想像すると容易に理解できる。この方法によれば、エンジンが与えることのできないトルクを得ることができる。同様に、エンジンが停止する場合や、エンジンを静止している構成要素に接続する場合の、トランスミッションにかかる機械的衝撃を緩和し、トランスミッションを保護することができる。 
 
===構成要素と操作要素===
クラッチ機構は、以下のコンポーネントで構成されている:
* フライホイール2は、クランクシャフト1に螺合している。
* スプラインにより主軸6と一体的に回転するクラッチディスク3が入力軸に結合される。
* 機構が結合状態にあるとき、プレッシャープレート4がディスクをフライホイール2に密着させている。
* 機構のスプリング(またはダイアフラムスプリング)は、ベアリングまたはカラー7に接している。
油圧(またはケーブル)が運転者によって作動されると、レバーはベアリングを移動させ、ベアリングはダイアフラムを押す。サポートリング9はカバー8に固定されており、クラッチディスクはフライホイールから離れる。主軸6はフリーとなり、エンジンからトルクを受けないので、スムーズにギヤを交換できる。結合状態に移行する場合は、主軸で必要なトルクが増えるにつれて、ペダルにより摩擦ディスクを漸進的に結合する。たとえば、非常に急な斜面では「スキッドクラッチ」と呼ばれるものを行う。
 
== 種類 ==
19

回編集