「中国銀聯」の版間の差分

m
(→‎外部リンク: URL変更)
中国以外にも、[[日本]]・[[アメリカ合衆国]]・[[大韓民国]]・[[タイ王国|タイ]]・[[シンガポール]]・[[ドイツ]]・[[フランス]]・[[オーストラリア]]など、約20カ国に加盟店を広げており、[[Visa]]や[[マスターカード|MasterCard]]の様な、国際ブランドに近い存在となりつつある。
 
日本国内では、[[三井住友カード]]と[[三菱UFJニコス]]が銀聯クレジットカード、[[クレディセゾン]]が引出専用の銀聯[[プリペイドカード]]を発行している。銀聯[[デビットカード]]は、中国に本拠を置く銀行の在日支店の一部が発行している。また、銀聯キャッシュカードを用いた国外での現金引き出しには上限額の制限がある<ref>{{cite news | author = 土居倫之 | url = http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX30H09_Q5A930C1FFE000/ | title = 銀聯、国外での現金引き出し制限強化 | newspaper = [[日本経済新聞]] | publisher = [[日本経済新聞社]] | date = 2015-09-30 | accessdate = 2017-05-25 }}</ref>。
 
中国銀聯の公報によれば、[[2015年]]第1四半期の銀聯カードによる決済額が、Visaの同期決済額を抜いて世界トップになった<ref>{{cite web|url=http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/421690/|title=銀聯カードの決済額、初めてVisaを超える|date=2015-06-25|accessdate=2017-10-20}}</ref>。