「オイジュス」の版間の差分

m
系図追加
m
m (系図追加)
 
[[ヘーシオドス]]の『[[神統記]]』によると、夜の女神[[ニュクス]]が1人で生んだ子で<ref>ヘーシオドス、214行。</ref>、[[モロス (ギリシア神話)|モロス]](定業)、[[ケール (ギリシア神話)|ケール]](死の運命)、[[タナトス]](死)、[[ヒュプノス]](眠り)、[[オネイロス]](夢)、[[モーモス]](非難)、[[ヘスペリデス|ヘスペリス]]たち、[[モイラ (ギリシア神話)|モイラ]]3姉妹([[クロートー]]、[[ラケシス]]、[[アトロポス]])、[[ネメシス]](義憤)、[[アパテー]](欺瞞)、[[ピロテース]](愛欲)、[[ゲーラス]](老い)、[[エリス (ギリシア神話)|エリス]](争い)と[[兄弟姉妹|兄弟]]である<ref>ヘーシオドス、211行-225行。</ref>。
 
== 系図 ==
{{ニュクスの系図}}
 
== 脚注 ==