「トマス・ホランド (初代サリー公)」の版間の差分

編集の要約なし
(+脚注ヘルプ)
編集の要約なし
{{基礎情報 皇族・貴族
| 人名 = トマス・ホランド
| 各国語表記 = Thomas Holland
| 家名・爵位 = 第3代[[ケント公|ケント伯]]<br>初代サリー公
| 画像 = Harley1319surrey.jpg
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 在位 = [[ケント公|ケント伯]]:[[1397年]] - [[1400年]]<br>サリー公:[[1397年]] - [[1399年]]
| 続柄 =
| 称号 =
| 全名 =
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = [[1374年]]
| 生地 =
| 死亡日 = [[1400年]][[1月7日]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 = ジョーン・スタッフォード
| 子女 =
| 家名 = [[ホランド家]]
| 父親 = 第2代[[ケント公|ケント伯]][[トマス・ホランド (第2代ケント伯)|トマス・ホランド]]
| 母親 = アリス・フィッツアラン
| 栄典 =
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''初代サリー公・第3代ケント伯トマス・ホランド'''(Thomas Holland, 1st Duke of Surrey, 3rd Earl of Kent, [[ガーター勲章|KG]], [[1374年]] - [[1400年]][[1月7日]])は、[[イングランド王国|イングランド]]の貴族。第2代[[ケント公|ケント伯]][[トマス・ホランド (第2代ケント伯)|トマス・ホランド]]と第10代[[アランデル伯爵|アランデル伯]][[リチャード・フィッツアラン (第10代アランデル伯)|リチャード・フィッツアラン]]の娘アリスの長男。父方の祖母は[[ジョーン・オブ・ケント]]で、イングランド王[[リチャード2世 (イングランド王)|リチャード2世]]は叔父(父の異父弟)に当たる。
 
== 生涯 ==
父と叔父のハンティンドン伯[[ジョン・ホランド (初代エクセター公)|ジョン・ホランド]]がリチャード2世に重用されたことからトマスも側近に引き立てられ、[[1397年]]に死んだ父の爵位を受け継ぎ第3代ケント伯となった。同年にリチャード2世が[[グロスター公]][[トマス・オブ・ウッドストック]]と第11代アランデル伯[[リチャード・フィッツアラン (第11代アランデル伯)|リチャード・フィッツアラン]](ケント伯の母方の伯父)ら反対派貴族を処刑した後に新設のサリー公に叙爵されたが(叔父も[[エクセター公]]を授与)、[[1399年]]にクーデターでリチャード2世が廃位、代わって即位した[[ヘンリー4世 (イングランド王)|ヘンリー4世]]から爵位を取り上げられ元のケント伯に戻された<ref name="青山">青山、P406。</ref><ref>ロイル、P75 - P76、P424、</ref>。