「クラッチ」の版間の差分

==== 遠心クラッチ ====
[[ファイル:CentrifugalClutch.jpg|thumb|250px|[[チェーンソー]]の遠心クラッチ。[[チェーン]]は遠心クラッチの外側に取り付けられた[[スプロケット]]にセットされる。]]
遠心クラッチは遠心力によって圧着されるクラッチであり、回転数が上がると自動的に接続される。一般的なものは内部拡充式とも呼ばれ、ドラムブレーキと同様の構造で、ブレーキシューと同じ働きをするクラッチシューが、遠心力によってこれを閉じようとするクラッチスプリングに打ち勝って開いてクラッチドラムに圧着し、回転数が下がるとスプリングの力によって閉じる事で断続する。
 
またホンダ・スーパーカブ(ただし旧式のもの)などに代表される小型のオートバイで、変速時にシフトペダルに連動してクラッチを切る機能も持たせたものでは、湿式多板クラッチにカム式の遠心ウェイトを組み合わせて、遠心ウェイトのラジアル荷重をアキシャル荷重に変換してクラッチ板を圧着させている。(現在のスーパーカブは発進・停止用と変速用のクラッチを独立させた構造のため、内部拡充式の遠心クラッチを用いている)
匿名利用者