「今夜は最高!」の版間の差分

 
== 概要 ==
毎回、多彩な豪華[[ゲスト]]1人とそのゲスト関係するパートナーゲストを1人呼び(2人パートナーだった事が2回だけある)、メイン司会のタモリとのトークや[[コント]]、[[ミュージカル]]、生歌・演奏などを織り交ぜた番組内容で放送が行われていた。最終回までに出演したゲスト総数は302人、パートナー総数は173人を数えた。
 
番組前半は、メイン司会のタモリとゲストらによるオープニングコントからトークコーナー、後半のコントを経てのクライマックスでは、メイン司会のタモリ自らが、[[トランペット]]や[[フルート]]で伴奏(「コルゲン」[[鈴木宏昌]]率いるザ・プレイヤーズの演奏が主体)に加わってゲストが歌うコーナーがあり、歌い終えた後に女性ゲストの「'''ところで○○さん、今のご気分は?'''」を受けて、ゲストが「'''今夜は最高!'''」と答えるのを例とした。
[[1982年]][[4月10日]]から[[8月28日]]までの半年間は当番組の放送を一時中断<ref>メイン司会のタモリが[[1982年]][[4月]]から[[All-nippon News Network|テレビ朝日系列局]]で放送された音楽番組『[[夢のビッグスタジオ]]』の司会に起用されたことによるもの。また、同時期に全国ツアー「ラジカル・ヒステリー・ツアー」が実施されてスケジュールの確保が難しくなった理由もある。</ref>。その間は穴埋め番組として、女優の[[桃井かおり]]と[[コーラス・グループ]]の[[ダークダックス]]による同趣向のバラエティ番組『[[日曜はダメ!!]]』が放送されていた。
 
番組[[構成作家|構成]]は、タモリと交友が深い[[高平哲郎]]が担当していた。タモリ以外のレギュラー出演者には、[[九十九一]]や番組中盤から参加した[[久本雅美]]、[[柴田理恵]]、[[渡辺信子]]らの[[WAHAHA本舗]]メンバーらがいる。[[中村誠一 (ミュージシャン)|中村誠一]]をはじめ、伴奏の担当ミュージシャンもコントのコーナーに多数登場したバンマスの[[鈴木宏昌]]はもちろん、スタジオミュージシャンとして有名な[[松木恒秀]]、[[岡沢章]]、[[渡嘉敷祐一]]がコントをするという、普通では見られない姿が当たり前のように流れていた
 
メイン司会者であるタモリと女性パートナーの2人で男性ゲストを迎える形だが、パートナーは基本的に2週毎に交代する(稀に1週交代の時もあった)。トークコーナーではタモリと女性パートナーが男性ゲストを挟む形に座る事が多かった。ゲストは300回記念などのスペシャル版を除けば毎週変更され、女性ゲストだった回(沢たまき、戸川純、松金よね子、田中裕子)やゲスト無しの回(1981年9月5日、1983年1月29日・9月24日、1988年1月2日)もあった。
[[斎藤晴彦]]と[[和田アキ子]]がゲストの[[1985年]][[2月9日]]放送分の「オペラ昭和任侠伝」が、同年の[[日本民間放送連盟|民間放送連盟賞]]のテレビ娯楽番組部門最優秀賞を受賞した(後述)。
 
当番組には芸能人だけではなく、当時タモリの[[マネージャー]]をしていた[[田辺エージェンシー]]の前田猛などの[[タレント]][[マネージャー]]や[[フジテレビジョン|フジテレビ]]の社員である名[[プロデューサー]][[横澤彪]](当時)・[[三宅恵介]]・[[小林豊 (実業家)|小林豊]](当時の『[[森田一義アワー 笑っていいとも!]]』(フジテレビ系列)の当時の番組スタッフ)といった裏方の人物も度々当番組にゲスト参加していた。
 
こうした内容が大人の視聴者層から人気を呼び、全盛期の[[1986年]]には年間平均[[視聴率]]が14%台に達し、20%を超えることも度々あった<ref>[[1989年]][[9月1日]]付 [[読売新聞]]夕刊「バラエティー「[[オレたちひょうきん族]]」と「今夜は最高!」が消える」</ref>。
匿名利用者