「ダクテッドファン」の版間の差分

m
→‎デメリット: 動翼枚数が奇数であることはダクテッドファンの特徴やデメリットではない
m (bot: シャフト (曖昧さ回避) 関連 link)
m (→‎デメリット: 動翼枚数が奇数であることはダクテッドファンの特徴やデメリットではない)
 
=== デメリット ===
デメリットとしてはナセルによる[[抗力]]が大きく、いために高速化に適さないことが挙げられる。ただし、抗力は速度に比例して大きくなるため、低速のホバークラフト等の低速搭載機においては問題とならない。
 
多くの場合実例としてファンはエンジンから離れた場所にファンがあり、[[ギア]]と[[シャフトドライブ|シャフト]]を介した駆動系が必要なため整備性の低下や専用部品によであコスト増加が避けられない前述のRFB ファントレーナーにおいては[[ターボシャフトエンジン]]の軸出力でファンを駆動させている。そのため、整備性の低下や専用部品によりコストが増加する場合が多い
 
[[ホバークラフト]]等ではプロペラが露出して回転すると危険なので防護壁を兼ねている場合もある。また、[[ヘリコプター]]のテールローターでも[[フェネストロン]]として使用される。
 
なお、[[共振]]を防ぐためにファンの[[プロペラ#ブレード|ブレード]]数は[[奇数]]であることが多い。
 
== 利用例 ==
 
<gallery>
画像ファイル:X-22a onground bw.jpg|[[X-22 (航空機)|ベル X-22]]
Fileファイル:Caproni Stipa from front.jpg|[[スティパ・カプロニ]]
Fileファイル:Brooklands-Aerospace Optica Srs 301.jpg|[[エジレイ オプティカ]]
Fileファイル:RFB Fantrainer 400 AN2236582.jpg|[[RFB ファントレーナー]]
Fileファイル:Meeting Ferté Alais-0008.JPG|Airbus E-Fanのダクテッドファン
</gallery>
 
 
<gallery>
Fileファイル:Turtle DSV-3.jpg|thumb|[[深海潜水艇]]
Fileファイル:USN hovercraft.jpg|[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇]]
Fileファイル:JMSDF Type 97 dummy torpedo pump-jet propeller left front view at Kanoya Air Base April 30, 2017.jpg|[[97式魚雷]]
</gallery>