「契丹文字」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[神冊]]5年([[920年]])1月から耶律阿保機が創案を開始し、同年9月に完成、公布したとされる<ref>『[[遼史]]』本紀第二 太祖上「(神冊)五年春正月乙丑,始制契丹大字。…九月…壬寅,大字成,詔頒行之。」</ref>。契丹大字は[[漢字]]を参考・借用して作った表意文字であり、これまでに異体字を含めて1600-1700字程度が知られているが、そのうち、読み方が推定されているのは188字しかない<ref name="asahi111028">[http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110270348.html 謎の契丹文字 刻む石碑 日本・モンゴル合同隊が新発見(2011年10月28日,asahi.com)]</ref>。
 
契丹大字は、[[数詞]]や日付表記などに明らかに[[漢字]]を参考にしたと思われる文字があり、それらは恐らく漢字を元に改変されたものと思われるが、漢字との関あるように見えない文字も多く、それらの文字の起源に関してはらかになっていないである
 
;契丹大字墓誌<ref>愛新覚羅烏拉熙春、吉本道雅『韓半島から眺めた契丹・女真』京都大学学術出版会、2011年、220頁。</ref>