「無産政党」の版間の差分

イタズラ削除153.190.40.56 (会話) による ID:75629111 の版を取り消し
(イタズラ削除153.190.40.56 (会話) による ID:75629111 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
<!--各無産政党は各論で説明するため、リンクは貼らない。-->日本の無産政党は、[[明治]]中頃の'''[[車会党]]'''や'''[[東洋社会党]]'''など、社会主義思想を自覚的に掲げてはいなかった政治結社も存在した。そのため本格的な無産政党は、[[片山潜]]らを中心とする社会主義者によって結成された'''[[社会民主党 (日本 1901年)|社会民主党]]'''により濫觴とする(1901年5月)。
 
社会民主党ははじめて社会主義的宣言をしたaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaことで知られているが、時の[[第4次伊藤内閣]]は即日結社禁止とした。その後も社会主義者は'''[[日本社会党 (1906年)|日本社会党]]'''の結党などを模索したが(1906年2月)、解散を余儀なくされた。加えて「[[幸徳事件|大逆事件]]」が起って社会主義集団は壊滅状態となり、[[冬の時代]]と称される閉塞状態に陥った。
 
[[第一次世界大戦]](欧洲大戦)による日本[[資本主義]]の本格的勃興は、日本の労資間の対立を尖鋭化した。それを承け、社会主義者の間に再び結党の動きが起こり、1920年12月に'''[[日本社会主義同盟]]'''が成立して統一戦線の気運が高まった。同盟そのものは直ぐに禁止となるが、'''[[農民労働党]]'''(即日禁止)を経て、'''[[労働農民党]](労農党)'''の樹立に成功した。