「スポーツ庁」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
文部科学省や[[厚生労働省]]など複数の省庁にまたがる[[スポーツ]]行政の関係機構を一本化するもので<ref>[http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0902J_Z00C13A9PP8000/ スポーツ庁設置を前向きに検討 官房長官] 日本経済新聞、2013年9月9日</ref>、文部科学省の[[スポーツ・青少年局]]を母体に設立され<ref name="nikkei20150513">[http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H08_T10C15A5MM0000/ スポーツ庁設置法が成立、10月発足 五輪選手強化] 日本経済新聞、2015年5月13日</ref>。[[スポーツ基本法]]附則第2条では「政府は、スポーツに関する施策を総合的に推進するため、スポーツ庁及びスポーツに関する審議会等の設置等行政組織の在り方について、政府の行政改革の基本方針との整合性に配慮して検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。」としている。
 
政府は、2015年度予算の[[概算要求基準|概算要求]]でスポーツ庁設置のための予算を要求するとともに、[[2014年]]秋の臨時国会で関連法案を整備して、2015年4月に100人規模での発足を目指していた<ref>[http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20140810-1348677.html 東京五輪へ「スポーツ庁」来年4月にも] nikkansports.com、2014年8月10日</ref>。しかし、関係省庁との調整や法案の準備の状況で発足が2015年10月にずれ込んだ。
匿名利用者