「NGT48」の版間の差分

m
(→‎ゲーム: 日付は、今日でした(12/21))
この事件の報道については話題を集める期間が長く、7月25日に発表された「2019上半期タレントネットニュースランキング」では、この事件の報道の影響で、1位に山口真帆(430回)が、2位に[[指原莉乃]](298回)がランクインをした<ref>{{Cite web2|title=【上半期ネットニュースランキング】山口真帆が1位 山里亮太&蒼井優夫婦もランクイン|url=https://www.oricon.co.jp/news/2140740/full/|website=ORICON NEWS|accessdate=2019-07-29}}</ref>。
 
事件直後の録音データを文字起こしした内部文書が、5月17日にデイリー新潮webに掲載され、山口がNGT48メンバーに“黒幕”がいるはずであると考え、犯人男性らに追求を重ねた様子が報じられた<ref>{{Cite web2 |url=https://www.dailyshincho.jp/article/2019/05171846/ |title=NGT「山口真帆」問題、事件直後の録音データ入手、犯人との生々しいやり取りを再現 |date=2019-05-17 |accessdate=2019-07-25 |work=デイリー新潮 |author=週刊新潮WEB取材班}}</ref>。東スポでは記載の訴状の内容の一部 (男性らが一部メンバーと以前から一緒に食事をしたり遊んだりするなど交流を持っていた」というか記述旨)によれば、早川支配人のつながりはDM程度であるという話は嘘になる。東スポはまたつながりを持っていた件について運営側に取材し、「運営側は処分するほどの程度ではなかったと判断したと報じた<ref>{{Cite news2|url=http://archive.fo/YyeSZ|title=「NGT西潟茉莉奈“大炎上”発言の真意 運営幹部を直撃」|newspaper=東京スポーツニッポン|date=2019-08-19|accessdate=2019-09-01}}</ref>。
 
犯人の2人が、事件発生時に逮捕されたものの不起訴となり釈放されたことに関して芸能リポーターの[[石川敏男]]が「普通は所属タレントが傷つけられた責任を相手側に取らせるのが当然でしょう。しかし、不起訴処分になっているのは、事務所側の意向があって取り下げられた可能性もあります」と見解を示している<ref>{{Cite news2|url=https://dot.asahi.com/dot/2019011000070.html?page=1|title=「NGTの対応は不可解」山口真帆さん暴行被害“告発”で識者から疑問の声|newspaper=AERA dot.|publisher=朝日新聞社|date=2019-01-10|accessdate=2019-01-11}}</ref>。犯人に関する報道については、文春が、マンション犯人のいる軍団の話として「犯人は約1年半前、山口ほか複数のメンバーが寮として住むワンルームマンションに“アジト”を借りたとしてる。また「外の目を気にすることなく、繋がったメンバーと会うために、Bはまずマンションの6階に部屋を借りて、仲間の軍団員と共に“逢引部屋”として使用していた。それが半年前、低層階にある山口さんの向かいの、直前まで太野彩香さんが住んでいた部屋が空くと、そこも新たに借りて同様に使うようになったのです。」と報じ、さらにはNGT関係者の話として「山口は彼らの行動を知ってか、あるスタッフにオタク(軍団)に不審な動きがあることを相談してておりそのさなかに事件が起きたと報じた<ref>{{Cite news2|url=https://web.archive.org/web/20190507035810/https://bunshun.jp/articles/-/11541|title=音声入手「中井は真っ黒だよ」ハンター軍団を野放しにしたNGT前支配人ぶっちゃけテープ|newspaper=週刊文春 |date=2019-09-03|accessdate=2019-09-03}}</ref>。
67

回編集