「中華人民共和国の国旗」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
}}
 
'''[[中華人民共和国]]の[[国旗]]'''は、赤地に5つの黄色い[[]]を配したもので、'''五星紅旗'''(ごせいこうき、[[ピン音|拼音]]:{{lang|zh-Latn|Wǔxīng hóngqí}})と呼ばれる。
 
赤色は革命を、黄色は光明を表す。また、大星は[[中国共産党]]の指導力を、4つの小星はそれぞれ[[労働者]]、農民、小資産階級・愛国的資本家、知識人の4つの階級を表す。全ての小星の頂点は、大星の中心に向いており、これは人民が一つの中心(共産党)の下に団結することを象徴している。[[ソビエト連邦の国旗|ソ連の国旗]]を参考にしたものと考えられる。
202

回編集