「情報省 (イラン)」の版間の差分

当初、政府はSAVAKの要員を全て排除しようとしたが、SAVAKの要員には[[イラク]]の[[バアス党]]や反体制グループに浸透している者が多くおり、彼らをパージすると大打撃が予想された為に実際にはSAVAKの要員が多く[[雇用]]された。
 
学者のサイード・ハジャリアンによって省の編成は、[[ミールホセイン・ムーサヴィー]]と[[イランの議会|イスラーム諮問評議会]]に提案された。
[[ルーホッラー・ホメイニー]]は大臣がムジュタヒド(イスラム法に詳しい人)である事を条件に、新しい情報機関を「省」とする事を認めた。
こうして[[1984年]][[8月18日]]に情報省が誕生した。他の情報機関は情報省に統合された。