「華氏」の版間の差分

m
 
=== 日本での歴史 ===
[[平賀源内]][[1765年]]に作った温度計「日本創製寒熱昇降器」には、極寒、寒、冷、平、暖、暑、極暑の文字列のほか数字列も記されており華氏を採用していた<ref>{{Cite web |author=高田誠二 |url=http://www.netsu.org/JSCTANetsuSokutei/pdfs/32/32-4-162.pdf |title=温度概念と温度計の歴史 |publisher= 日本熱測定学会 |accessdate=2019-11-22}}</ref>。
 
== 参考 ==