「Bourne Shell」の版間の差分

冒頭の段落の最近の事情について英語版再訳出・追記
(冒頭の段落の最近の事情について英語版再訳出・追記)
| 種別 = [[Unixシェル]]
}}
'''Bourne Shell'''('''ボーンシェル''')は、[[Version 7 Unix|Unix Version 7]] の[[Unixシェル]]である。{{疑問点範囲|多くの[[POSIX]]規格で規定されるUnix系システムでは現在もデフォルトのシェルとして一般使われていて|date={{#time:Y年F}}|title=現在と <code>/ble/sh</code> いつ?今も?}}、ほとんどBourne Shell互換のシステムェルあり<code>/bin/sh</code>Bourne Shellである、もしくは、その互換プログラムへの[[シンボリックリンク]]か[[ハードリンク]]なっている。多くのUnix系システムでは現在でもシェルスクリプトを記述するのに<code>/bin/sh</code>が一般的に使われている。ただし、ユーザの使うログインシェルにはより新しいシェルを用いることが一般的である。
 
[[AT&T]][[ベル研究所]]の[[スティーブン・ボーン]]が開発し、それまでの [[Thompson shell]] を置き換えた。いずれもコマンド名は '''<tt>sh</tt>''' である。[[Version 7 Unix]] の一部として1977年に大学等に配布された。対話型のコマンドインタプリタとしても使われるが、[[スクリプト言語]]としての性格が強く、一般に構造化プログラムを作り出すと考えられている全ての機能を含んでいる。
60

回編集