「元シン」の版間の差分

m
脚注がそのまま表示されていたため訂正した。
m (脚注の表記を変更しました。)
m (脚注がそのまま表示されていたため訂正した。)
[[代 (五胡十六国)|代]]王[[拓跋什翼ケン|拓跋什翼犍]]([[北魏]]の昭成帝)の子の拓跋力真の十二世孫にあたる。[[隋]]の[[元巌]]の六世孫にあたる。しかし、彼の代には零落し、幼くして父を失い母の手一つで育てられた。15歳で明経科に、28歳で[[科挙|進士]]に合格、左拾遺から河南(洛陽)の県尉さらに監察御史となったが、宦官仇士元との紛争で[[荊州市|江陵府]]の司曹参軍に左遷された。[[カク州|虢州]]の長史をしているときに召し出されて首都へ行き、中書舎人・承旨学士となり、[[穆宗 (唐)|穆宗]]の時に工部侍郎・[[同中書門下平章事]](宰相)に進んだが、4カ月で罷免され、都を出て同州刺史となり、[[越州 (浙江省)|越州]]に転じ浙東観察使を兼ねた。大和3年([[829年]])に都にもどり、尚書左丞となった。大和4年([[830年]])に検校戸部尚書となり、[[鄂州]]刺史に武昌軍節度使を兼ねた。大和5年(831年)、その地で急病により53歳で没した。尚書右僕射が追贈された。
 
出世に熱心のあまり、監察御史であったときはしばしば地方官の不正を糾弾し、大政治家の[[裴度]]と勢力争いに及ぶ。元稹はその詩文を穆宗に喜ばれ、さらに宦官の巨頭・崔潭峻と仲がよいので任官できたとも言われる。一時期不遇で文学に専心。[[楽府]]体の詩歌に社会批判を導入し、叙事詩的手法を駆使して新楽府という新生面をひらく。そのため「才子」とも称せられた。やがて[[白居易]]と「元白」と並称されるほど交流を深め、和答(わとう、唱和での返詩)に次韻(じいん)という形式を創造し「元和体(げんわたい)」または「元白体(げんぱくたい)」として一世を風靡した。[[伝奇小説]]の『鶯鶯伝』<ref>『[[太平広記]]』 卷第四百八十八 雜傳記五 鶯鶯傳。 803/804年?。明代以後の刊本では『会真記』(かいしんき)と題されている。日本語訳は、『唐宋伝奇集』上『12 鶯鶯との夜―鶯鶯伝』 今村与志雄 訳 1988年 岩波文庫 ISBN 978-4003203811、p.178-200 と『六朝・唐・宋小説選』20『鶯鶯の物語』 前野直彬 訳 1968年 平凡社 中国古典文学大系 24 ISBN 978-4582312249、p.280-290 。初出 1959年 平凡社 中国古典文学全集 06 がある。{{wikisourcelang-inline|zh|太平廣記/卷第488}}</ref><ref>書生と遠縁の娘の恋愛物語であるが、元稹自身の体験という説があり、妥当とされている。《唐宋伝奇集 上》 p.285-286 。</ref>では曲折に富む構成と達意な筆致で、以後に流行する小説を先導した'''<nowiki><ref>{{Cite book|和書title=Chūgoku bunshōka retsuden|authorurl=井波律子https://www.worldcat.org/oclc/45027694|titlepublisher=中国文章家列伝Iwanami Shoten|date=2000.3.17}edition|location=第一版}publisherTōkyō|isbn=岩波書店4-00-430662-0|pageoclc=16845027694|isbnlast=978Inami, Ritsuko, 1944-4004306627|last2=井波律子, 1944-|year=|和書=}}</ref></nowiki>'''、。元氏長慶集』60巻にほぼ全作品が収められている<ref>{{wikisourcelang-inline|zh|作者:元稹}}</ref><ref>{{wikisourcelang-inline|zh|元氏長慶集 (四庫全書本)}}</ref>}。
 
== 子女 ==
27

回編集