「即位」の版間の差分

天神地祇、登極令と封禅について
(+複数の問題)
(天神地祇、登極令と封禅について)
 
== 日本における即位 ==
『[[大宝律令|大宝令]]』や『[[養老律令|養老令]]』などの規定には「およそ天皇位に即きたまはば、すべて[[天津神・国津神#概要|天神]][[地祇]]を祭れ」とあるが、これは[[大嘗祭]]のことを指した。令における[[践祚]]については[[833年]]([[天長]]10年)成立の『[[令義解]]』に「天皇の位に即きたまふ、これを践祚といふ」と説明している。先帝の譲位または[[崩御]]にあたって新帝はまず[[三種の神器]]を受けて践祚し、その後に日を選んで大嘗祭を行って神祇百官に布告する。その後さらに[[即位の礼]]を行い[[天下]]に自分が天皇の位を継いだことを内外に示す。すなわち'''即位'''([[和訓]]:あまつひつぎしろしめす)とは新帝が[[天皇]]の位についたことを意味し、即位と践祚は同義であったが、後の[[桓武天皇]]以後で[[即位の礼]]を行事として分離するようになったことから践祚と即位は区別されるようになった。天皇としての在位は践祚に始まると解釈できる。即位の礼は践祚後すぐに行われていたとは限らず、さまざまな事情で数年を要した例がある(詳細は[[即位の礼]]を参照)。
 
即位を「日嗣(ひつぎ)」と呼ぶことがある。[[出雲国造家]]では代がわりの際にこれに倣った「火継式」と呼ばれる神火を受け継ぐ儀式が行われている。
* [[践祚]]
* [[即位の礼]]
* [[登極令]]
* [[戴冠式]]
* [[封禅]]
 
{{戴冠式}}