「む」の版間の差分

106 バイト追加 、 2 か月前
 
[[平安時代]]には「ん」という文字が無かったため、「む」が({{ipa|mu}}の他に)[[撥音]]をも表した。
 
古語の[[助動詞]]「む」が[[現代仮名遣い]]で表記されるときは「ん」となる。
 
== 文字転写 ==
匿名利用者