「二胡」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
|関連楽器 = * [[胡弓]]
|}}
[[File:中国二胡.jpg|thumb|中国の二胡]]
 
'''二胡'''(にこ、{{ピン音|èrhú}})は[[中国]]の伝統的な[[擦弦楽器]]の一種。2本の[[弦 (楽器)|弦]]を間に挟んだ[[弓 (楽器)|弓]]で弾く。琴筒は[[ニシキヘビ]]の皮で覆われている。原型楽器は、[[唐]]代に北方の異民族によって用いられた奚琴という楽器であるとされる。この頃は現在のように演奏するときに楽器を立てず、横に寝かせた状態で棒を用いて弦を擦り、音を出した<ref>[http://www.jerhu.com/frame.htm 「二胡について」]、日本二胡振興会公式サイト、2013年3月21日閲覧</ref>。宋代に入り演奏時に立てて弾く形式が広まり、この頃には嵆琴と字を変えて呼ばれるようになった。宋代宮廷のある嵆琴奏者が一本の弦で曲を弾いたエピソードが沈括《補筆談・楽律》に見え、この時ある程度の演奏技術が確立していたことが分かる。また同じく[[沈括]]《[[夢渓筆談]]》の記録より、宋代で既に馬の尻尾が弓に用いられていた様子が伺える<ref>[http://25-ni.com/nico-story/ 「二胡の歴史」]、弦のうた二胡研究会公式サイト、2013年3月21日閲覧</ref>。近代になり[[劉天華]]等によって演奏技法が高度化され、それに伴い楽器自体も改良が重ねられた。1920年代、西洋音楽が中国に大量に入り、劉天華をはじめとした音楽家たちは中国の伝統文化と融合させた新しい音楽や奏法を開発した。劉天華は二胡独奏曲「良宵」、「光明行」など十曲を作曲し、それまで戯曲の伴奏が主体であった二胡に、独立した楽器としての地位を与えたのである<ref>[http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/9459/ishiyama1.htm 「二胡 -ルーツから現在まで-」]、二胡・・・ルーツから現在まで、2013年3月21日閲覧</ref>。現在普及している形は、[[1950年代]]から([[文化大革命]]の停滞期を挟み)[[1980年代]]ごろに出来上がったものが基本となっている。
 
10

回編集