「関行男」の版間の差分

文章整え
(出典つきで加筆)
(文章整え)
==== 指揮官任命 ====
[[ファイル:Lt Yukio Seki in flightgear.jpg|right|250px|thumb|初の神風特別攻撃隊指揮官に任命された後の関]]
[[1944年]][[10月17日]]、[[第一航空艦隊]]司令長官に内定した[[大西瀧治郎]]中将が[[マニラ]]に到着した。大西は一航艦長官に内定したときから航空機による特攻開始を考えており、[[米内光政]]海軍大臣や[[及川古志郎]]軍令部総長の了承を取り付けていた<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=46}}</ref>。マニラに向かう途中には[[台湾]]にも立ち寄ったが、[[台湾沖航空戦]]の真っ最中で、[[新竹]]で日本軍戦闘機とアメリカ軍戦闘機の[[空中戦]]の様子を見学した。そこで日本軍戦闘機の苦戦ぶりを見て愕然とし、[[多田武雄]]中将に対して「これでは体当たり以外無い」と話している。大西は台湾入りしていた連合艦隊司令長官[[豊田副武]]大将とも面会し「大戦初期のような練度の高い者ならよいが、中には単独飛行がよっとこせという搭乗員が沢山ある、こういう者が[[雷撃]][[爆撃]]をやっても、被害に見合う戦果を期待できない。どうしても体当たり以外に方法はないと思う。しかし、命令では無くそういった[[場の空気|空気]]にならなければ(特攻は)実行できない」と特攻を開始する決意を述べている<ref>{{Harvnb|豊田副武|2017|loc=電子版, 位置No.2203}}</ref>。
 
大西は「[[ダバオ誤報事件]]」の失態の責任をとって更迭された前任の[[寺岡謹平]]中将にも特攻開始の了承をとったのち、10月18日に参謀などから意見聴取して現状把握に努めたが、一航艦の現有兵力のうち、実働機数が約40機程度であることを知って<ref>[[#金子]]pp.30-31</ref>、より特攻開始の決意を強くした。翌19日には、大西は一航艦司令部で[[第七六一海軍航空隊]]司令・[[前田孝成]]大佐に戦局の説明を行った後、副官の[[門司親徳]]大尉を伴って[[クラーク空軍基地|マバラカット飛行場]]に向かう<ref>[[#金子]]p.36</ref>。夕刻近くに[[マバラカット]]に到着の後<ref>[[#金子]]p.38</ref>、指揮所に二〇一空副長・[[玉井浅一]]中佐、一航艦首席参謀・[[猪口力平]]中佐などを招集し、「米軍空母を1週間位使用不能にし捷一号作戦を成功させるため零戦に250キロ爆弾を抱かせて体当たりをやるほかに確実な攻撃法はないと思うがどうだろう」と特攻作戦開始を提案した。大西と入れ違いに[[マニラ]]へ向かい、大西と入れ違いになったのでまたマバラカットに戻る途中に乗機の不時着により足を骨折して海軍病院に入院した二〇一空司令・[[山本栄]]大佐には、この会合とは別に一航艦参謀長・[[小田原俊彦]]大佐から大西の考える体当たり攻撃法を披瀝され、「副長(玉井)に一任する」との伝言を託していた<ref>[[#金子]]pp.36-37, pp.40-41, pp.62-63</ref>。玉井は体当たり攻撃法に賛成し、戦闘三〇五飛行隊長・[[指宿正信]]大尉も同意したため、「未曾有の攻撃法」たる体当たり攻撃が採用されるに至った<ref name="f">[[#金子]]p.41</ref>。
10月20日朝、大西が副官の門司と朝食をとっていると玉井がやってきて「揃いました」と報告し、隊の名前を「'''神風特別攻撃隊'''」と命名するよう願い出て、大西に了承された<ref>猪口力平・中島正『神風特別攻撃隊の記録』雪華社45頁</ref>。大西らが宿舎の中庭に出ると20数名の搭乗員が整列しており、右の先頭に関が立っていた。整列した特攻隊員の前には木箱が置いてあり、大西は木箱の上に立つと午前10時に特攻隊員に向けて「この体当り攻撃隊を神風特別攻撃隊と命名し、四隊をそれぞれ敷島、大和、朝日、山桜と呼ぶ。今の戦況を救えるのは、大臣でも大将でも軍令部総長でもない。それは若い君たちのような純真で気力に満ちた人たちである。みんなは、もう命を捨てた神であるから、何の欲望もないであろう。ただ自分の体当りの戦果の戦果を知ることが出来ないのが心残りであるに違いない。自分は必ずその戦果を上聞に達する。国民に代わって頼む。しっかりやってくれ。」という訓示を行った<ref>{{Harvnb|門司親徳|1978|p=282}}</ref>。
 
部隊は、[[本居宣長]]の[[大和魂]]を詠じた古歌'''「敷島の大和心を人はば朝日に匂ふ山桜花」'''の一首より命名された「敷島隊」「大和隊」「朝日隊」「山桜隊」の4隊が編成され、この4隊から漏れた甲十期生は別途「菊水隊」へ編入された<ref name="h">[[#金子]]p.49</ref>。この時点で関はどの隊にも属せず、総指揮官として一種の独立した立場に置かれていた<ref name="h"/>。敷島隊のオリジナルメンバーは[[中野磐雄]](戦三〇一)、[[谷暢夫]](戦三〇五)、[[山下憲行]](戦三〇一)の3名で、いずれも一飛曹だった<ref name="h"/>。訓示の途中、大西の身体は小刻みに震え、顔は蒼白で引きつっていた。同席していた[[従軍記者|報道班員]]の[[日本映画社]][[稲垣浩邦]]カメラマンも撮影もせずに聞き入っていた。門司も深い感慨を覚えたが、涙が出ることは無く、行くとこまで行ったという突き詰めた感じがしたという<ref>{{Harvnb|門司親徳|1978|p=282}}</ref>。そのあと、大西は特攻隊員一人一人と握手すると再び宿舎の士官室に戻り、神風特攻隊編成命令書の起案を副官の門司に命じたが、門司はそんな命令書を作った経験もなく戸惑っていたので、大西と猪口も手伝って起案され、命令書は、連合艦隊、軍令部、海軍省など中央各所に発信された<ref>『戦史叢書56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦』114頁、金子敏夫『神風特攻の記録』(光人社NF文庫)61頁</ref>。
 
その後、関ら敷島・大和両隊はマバラカット西飛行場に、朝日・山桜両隊はマバラカット東飛行場それぞれ移動して出撃の時を待つ事となった<ref>[[#金子]]p.51</ref>。関ら敷島隊と大和隊の特攻隊員は、マバラカット西飛行場の傍を流れる[[バンバン川]]の河原で大西と談笑していたが、午後15時頃に敵艦隊を[[サマール島]]東方海面に発見したという報告が司令部に寄せられた。参謀の猪口は敵の位置を書き込んである海図を持って、関らと談笑している大西に報告に向かい、「特別攻撃隊には距離いっぱいのところですが、攻撃をかけましょうか?」と判断をあおいだところ、大西は、「この体当り攻撃は絶対のものだから、到達の勝算のない場合、おれは決して出さない」と答えている。猪口はこの大西の攻撃自重の判断を聞いて、大西が初回の特攻にどれだけ慎重であるか思い知らされたが、これ以降新しい情報もなかったため、大西は一旦マニラに帰還することとした<ref>{{Harvnb|猪口|中島|1951|loc=電子版, 位置No.918}}</ref>。帰り間際、大西は副官の門司の[[水筒]]に目を付けると「副官、水が入っているか」と尋ねたので、門司が水筒を大西に渡すと、大西はまず水筒の[[蓋]]で自ら水を飲み、次いで猪口と玉井にも水を飲ませて、その後水筒ごと玉井に手渡し、あとは玉井が並んでいる関大尉以下7名の特攻隊員に水をついでいった<ref>{{Harvnb|門司親徳|1978|p=286}}</ref>。このときの様子をカメラマンの稲垣が撮影しており、のちに内地で、8月21日の関率いる敷島隊の出撃前の様子として[[日本ニュース]]で報道されたが、実際にはその前日の出来事で、敷島隊と大和隊両隊の隊員が入っており、待機姿勢であるので服装もバラバラで、飛行服を着ているのは関と山下の2名のみ、残りの5名は防暑服を着用している<ref>{{Harvnb|森史朗|2003b|loc=電子版, 位置No.2335}}</ref>。稲垣は玉井から事前に「重大なことがあるから一緒に来るように」と呼び出されており、撮影の準備をしていたのでこのシーンを撮影できたものであるが、大西は特攻隊員への訓示でも述べた通り、神風特別攻撃隊の国民への報道について強い拘りを持っており、この「訣別の水盃」のシーンも敢て大西が意図して撮影させたという意見もある<ref>{{Harvnb|森史朗|2003b|loc=電子版, 位置No.2335}}</ref>。その後、大西は門司とマニラに帰り、大和隊(隊長・[[久納好孚]]海軍中尉([[法政大学]]出身))は20日夕方に二〇一空飛行長[[中島正]]少佐に率いられ[[セブ島]]に移動していった<ref name="ggg">[[#金子]]p.85</ref>。
 
==== 戦死 ====
[[Image:St. Lo First Kamikaze attack sl1a.jpg|thumb|270px290px|敷島隊の突入で爆沈する護衛空母[[セント・ロー (護衛空母)|セント・ロー]]。]]
10月24日、大西はマバラカット、セブおよびダバオの各基地に対し、10月25日早朝の[[栗田健男]]中将の第一遊撃部隊突入に呼応しての特攻隊出撃を命じる<ref name="n"/>。「敷島隊」には戦闘三一一飛行隊から関と同じ愛媛出身の[[大黒繁男]]上等飛行兵が加わり、直掩には歴戦の[[西澤廣義]]飛曹長が加入した<ref>[[#金子]]pp.99-101</ref>。10月25日7時25分、関率いる「敷島隊」10機(爆装6、直掩4)は、骨折の身ながら海軍病院から抜け出して駆けつけた山本や、山本に付き添った副島らに見送られてマバラカット西飛行場を発進する<ref>[[#金子]]pp.110-111</ref>。関の病状は回復基調にあったが、連日の出撃にあきらかに疲労しているのが見て取れた。それでも出撃前には「索敵しながら南下し、発見次第突入します。」と悲壮な覚悟を述べている<ref>{{Harvnb|豊田穣|1980|loc=電子版, 位置No.338}}</ref>。
 
 
敷島隊はタフィ3に接近するまではレーダーを避けるために超低空で飛び、至近距離まで近寄った後に一旦上昇して雲間へ隠れて様子を伺い、10時49分に攻撃を開始した。栗田艦隊との海戦([[レイテ沖海戦|サマール沖海戦]])で護衛空母[[ガンビア・ベイ (護衛空母)|ガンビア・ベイ]]と2隻の駆逐艦、1隻の護衛駆逐艦を失い、護衛空母[[ファンショー・ベイ (護衛空母)|ファンショー・ベイ]]や[[カリニン・ベイ (護衛空母)|カリニン・ベイ]]など損傷艦多数を抱えることとなったタフィ3は、栗田艦隊の突然の変針により、戦闘配置命令を解除していた。命中弾を1発も受けなかった[[セント・ロー (護衛空母)|セント・ロー]]の乗組員たちは、沈没したガンビア・ベイの艦載機の収容準備などをしながら、自分たちの幸運について語り合っていた<ref>[[#ウォーナー上]]p.198</ref>。そこに関が率いる敷島隊5機が急降下してきたが、各艦のレーダーには多数の機影が映っており、日本機の接近に気づくものはいなかった<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=21}}</ref>。敷島隊の先頭の1機が、戦艦の巨砲の命中でいくつもの傷口が開いていた[[カリニン・ベイ (護衛空母)|カリニン・ベイ]]めがけて突入し、飛行甲板に数個の穴をあけて火災多数を生じさせたが、搭載していた爆弾は不発であった。この最初にカリニン・ベイに突入した機が関の搭乗機であったという説もある<ref>[[#ウォーナー上]]p.203</ref>。カリニン・ベイにはもう1機が海面突入寸前に至近で爆発して損害を与え、2機の突入により5名の戦死者と55名の負傷者が生じさせたが、カリニン・ベイは栗田艦隊との海戦で15発以上の命中弾を浴びていたにも関わらず、沈没は免れた<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=24}}</ref>。
[[Image:USS White Plains attack by Tokkotai unit 25.10.1945 kk1a.jpg|thumb|270px|護衛空母[[ホワイト・プレインズ (護衛空母)|ホワイト・プレインズ]]に迫る敷島隊の零戦。]]
 
護衛空母[[ホワイト・プレインズ (護衛空母)|ホワイト・プレインズ]]に向かって急降下していた零戦1機がホワイト・プレインズの対空機銃が命中し損傷したため、目標をセント・ローに変更し<ref>{{Harvnb|オネール|1988|p=154}}</ref>、セント・ローの艦尾1,000mに迫ると、そこから高度30mまで下げてまるで着艦でもするような態勢で急接近してきた。セント・ローの乗組員たちは搭載していた[[エリコンFF 20 mm 機関砲|Mk.IV]]20mm機関砲と[[ボフォース 40mm機関砲]]で応戦したが、零戦はそのまま発見1分後に<ref>[[#ウォーナー上]]p.199</ref>、飛行甲板中央に命中した。零戦が命中した瞬間に航空燃料が爆発して、猛烈な火炎が飛行甲板を覆い、搭載していた250kg爆弾は飛行甲板を貫通して格納庫で爆発した。その爆発で格納庫内の高オクタンの航空燃料が誘爆し、連鎖的に
爆弾や弾薬が次々と誘爆した<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=22}}</ref>。あまりの爆発の激しさに、付近を航行していた重巡洋艦[[ミネアポリス (重巡洋艦)|ミネアポリス]]の乗組員が海中に吹き飛ばされたほどであった。手が付けられないと判断したフランシス・J・マッケンナ艦長は特攻機が命中したわずか2~3分後の10時56分に総員退艦を命じ、その後も何度も大爆発を繰り返して30分後に沈没した<ref>[[#金子]]pp.124-125</ref>。一瞬にして114名が戦死もしくは行方不明になり、救助された784名の半数が負傷したり火傷を負っていたが、そのうち30名が後日死亡した<ref>[[#ウォーナー上]]p.202</ref>。このセント・ローを仕留めた零戦が関の搭乗機だという説が広く認知されている<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=23}}</ref>。他にも護衛空母[[キトカン・ベイ (護衛空母)|キトカン・ベイ]]に1機が突入し、艦橋を掠めて飛行甲板外の通路に命中したが<ref>[[#金子]]p.122</ref>、爆弾が艦を貫通して海上で爆発したため大きな被害は与えることができなかった。このキトカン・ベイに突入したのが関の搭乗機であるという主張もある<ref>[[#金子]]p.122,124,126</ref>。しかし、敷島隊のどの機がどの空母に突入したかを特定するのは困難である<ref>[[#金子]]p.126</ref>。
都市が空襲で焦土と化したことにより故郷に帰る人が多く、地方の借家人や間借人の多くが退去させられたが、サカエもそのうちの一人となった<ref>{{Harvnb|新名|1979}} p.284</ref>。住むところすらないサカエの困窮を見かねた村上が、恩師宅の[[物置]]を借りられるよう頼んで、サカエはその物置に居住し[[草餅]]の行商などで生計をたてたが、それでも生活は苦しかった。さらに村上は自分が転職した[[石鎚村]]立石鎚中学校の校長と石鎚村の村長にサカエを紹介したところ、村長も校長も進んでお迎えしたいと雇用を快諾し、立石鎚中学校の[[学校用務員]]として雇用され職員住宅に入居することもできた。サカエは中学校に加え小学校の[[給食]]の炊事もひとりでこなし、校舎の掃除も床からトイレまで常に行き届いていた。村長と校長は「軍神の母」の勤務ぶりを感心して敬い<ref>{{Harvnb|新名|1979}} p.285</ref>、サカエが息子の行男代わりに慈しんだ生徒たちも、じきにサカエが軍神関中佐の母親だと知り「日本一の小使いさんの関おばさん」と呼んで誇るようになって、サカエも「毎日が楽しい」と村上に話している<ref>{{Harvnb|森|2003b}} 電子版, 位置No.4274</ref>。サカエは生活が落ち着くと、日曜日ごとに関の[[遺髪]]が納められている[[伊予三島市]](現・[[四国中央市]])の村松大師にある関家代々の墓に墓参したが、生徒たちは自ら摘んできた花を「お墓に供えてください」とサカエに渡していたという<ref>{{Harvnb|新名|1979}} p.285</ref>。村長や校長が代わってもサカエは大事にされて勤務を続け、1952年に国会で[[戦傷病者戦没者遺族等援護法]]が成立し、軍人恩給の受給手続きも終えて老後の心配も無くなったと安心していた矢先<ref>{{Harvnb|森|2003b}} 電子版, 位置No.4296</ref>の1953年11月9日に買い物中に倒れて、用務員室に運ばれたのち55歳で急死した<ref>{{Harvnb|新名|1979}} p.285</ref>。関の戦死の折は国を挙げての盛大な葬儀となったが、学校関係者や生徒に愛されたサカエの葬儀にも多数の教師や生徒が参加して賑やかなものとなった<ref>{{Harvnb|森|2003b}} 電子版, 位置No.4324</ref>。
 
サカエの没後、松山市の旧海軍軍人の会「愛桜会」が発起人となって、関の墓があった伊予三島市の関家の菩提寺村松大師の山内に関の慰霊碑とサカエの墓が建立され<ref>{{Harvnb|新名|20031979}} p.285</ref>、1975年には関の慰霊と平和祈願のため、関親子を昔からよく知る[[西条市]]楢本神社神主[[石川梅蔵]]の発願により、元海軍大佐で国会議員だった[[源田実]]の協力も得て、楢本神社に「関行男慰霊之碑」が建立された<ref>大野芳『神風特別攻撃隊「ゼロ号」の男 追跡ドキュメント消された戦史 「最初の特攻」が“正史"から抹殺された謎を追う』サンケイ出版140-141頁</ref>。毎年10月25日には慰霊祭が盛大に行われ<ref>{{Cite web|url=https://www.city.saijo.ehime.jp/uploaded/attachment/7363.pdf|title=西条南中学校区 - 6. 関行男慰霊の碑(西条市公式サイト「『西条市のいいとこいいものさがし』について」内)|accessdate=2019-11-17|publisher=[[西条市]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20191117082707/https://www.city.saijo.ehime.jp/uploaded/attachment/7363.pdf|archivedate=2019-11-17}}</ref>、関が敵空母に突入した午前10時{{Efn|関の塔乗機と思われる[[零式艦上戦闘機|零戦]]が、米空母「[[カリニン・ベイ (護衛空母)|カリニン・ベイ]]」に突入したのは、1944年(昭和19年)10月25日10時51分(米軍記録による)<ref>{{Harvnb|森|2003|p=|pp=337-345|loc=第二十二章 敷島隊突入 - 2}}</ref>、もしくは同日10時49分<ref name="金子pp111-112"/>。}}に合わせて[[海上自衛隊]]の航空機5機編隊が慰霊のための編隊飛行を行う<ref>{{Cite web|title=ツイート|url=https://twitter.com/kohyu1952/status/526078800245706753|website=|date=2014-10-25|accessdate=2019-11-17|language=ja|last=|publisher=[[Twitter]]|author=西村幸祐|first=西村幸祐|authorlink=西村幸祐|archiveurl=https://web.archive.org/web/20191117083442/https:/twitter.com/kohyu1952/status/526078800245706753|archivedate=2019-11-17}}</ref>{{#tag:ref|作家の[[城山三郎]]はサカエが楢本神社の慰霊祭に出席していたと主張しているが<ref>[[#城山]]電子版, 位置No.2096</ref>、慰霊祭が始まった1975年はサカエの死後(1953年死去)であり事実ではない<ref>{{Harvnb|新名|20031979}} p.285</ref>。|group="注釈"}}。[[陸上自衛隊]][[松山駐屯地]]の資料展示室には、関の遺品(約20点)が展示されている<ref>{{Cite web|title=【戦後71年】神風特攻第1号、「軍神」と呼ばれた男…遺品から浮かび上がる関行男の素顔と生き様|url=https://www.sankei.com/west/news/160826/wst1608260003-n1.html|website=産経WEST|accessdate=2019-11-17|language=ja|first=|last=|publisher=[[産経新聞]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20191117074618/https://www.sankei.com/west/news/160826/wst1608260003-n1.html|archivedate=2019-11-17}}</ref>。
 
なおサカエが終戦後に特攻隊員やその遺族を見る目が一変した世間の人々から借家に石を投げ込まるようになり、大家からも退去を求められて「石もて追われる」ように住居を転々するなど、生活的な困窮に加えて世間からの酷い迫害を受けていたという指摘もあるが<ref>[[#城山]]電子版, 位置No.2085</ref>、「軍神の母」と煽り立てた世間から戦後にサカエが置き去りにされたのは事実ながら<ref>{{Harvnb|森|2003b}} 電子版, 位置No.4150</ref>、戦時中から関を直接取材し、戦後もサカエと交流のあった多くの人たちから取材をした[[毎日新聞]]記者[[新名丈夫]]によれば、サカエが「石もて追われる」ように世間から迫害されたという事実は確認できないという<ref>{{Harvnb|新名|1979}} p.285</ref>。しかし、サカエが関の又従兄弟の小野一男と一緒にいるところを目撃した地元の人が、年恰好が似た小野を関と誤認して「関中佐は生きて帰ってきたものの、軍神扱いが恥ずかしくて山に隠れている」という事実無根の噂を広められて苦しめられたことはあった<ref>{{Harvnb|森|2003b}} 電子版, 位置No.4325</ref>。
1,482

回編集