「パット・シモンズ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(出典、ほか)
m
 
'''パット・シモンズ'''('''Patrick "Pat" Bruce Reith Symonds''', [[1953年]][[6月11日]] - )は、[[イングランド]]出身の[[自動車技術者]]、モータースポーツ解説者。
 
[[1980年代]]から[[2010年代]]にかけて[[フォーミュラ1|F1]]チーム技術部門の要職を歴任し、若手時代の[[アイルトン・セナ|A・セナ]]、[[ミハエル・シューマッハ|M・シューマッハ]]、[[フェルナンド・アロンソ|F・アロンソ]]ら一流ドライバーの飛躍に貢献した。近年は、解説や[[F1レギュレーション|F1委員会]]の役職も務める。
 
== 経歴 ==
=== 初期の経歴 ===
[[フォード・モーター|フォード]]社の見習いとして自動車業界でのキャリアを始め、後に[[{{仮リンク|クランフィールド工科大学]]|en|Cranfield University|label=}}で自動車工学を学び、[[1976年]]に修士号を取得し卒業。
 
卒業と同時にホークレーシングに加入し、チーフデザイナーとして[[フォーミュラ・フォード]]の設計に携わり、2年後の[[1978年]]にはやはりチーフデザイナーとして{{仮リンク|ロイヤルレーシング([[:|en:Royale Racing|Royale Racing]])|label=}}に移籍。ここで[[ロリー・バーン]]と知己を得た。
 
当初、バーンとともにロイヤル社でフォーミュラ・フォードの設計に関わったが、[[1979年]]にバーンが[[フォーミュラ2|F2]]カー設計のため[[トールマン]]チームから誘われると、バーンが引き上げる形でシモンズもトールマンでの職を得た。
 
=== トールマン時代(1980年 - 1985年) ===
[[{{仮リンク|1980年]]のヨーロッパF2選手権|en|1980 European Formula Two Championship|label=}}において、[[トールマン]]と[[ブライアン・ハート (F1企業)|ハート]]の組み合わせは戦闘力を発揮し、ドライバーの[[ブライアン・ヘントン]]と[[デレック・ワーウィック]]は全12戦中4戦で優勝し、この二人が欠場した最終戦を除いて全てのレースでどちらかが表彰台に立ち、ヘントンはチャンピオンを獲得した。シモンズは、この年は研究開発部門のスタッフとして関与した。
 
この活躍を引っさげ、[[1981年]]にトールマンはF1にステップアップし、シモンズは、その年[[ステファン・ヨハンソン]]を擁していたトールマンのF2での開発を継続するとともに、F1でも研究開発、この年はとりわけ空力部門で関与し、風洞プログラムなどを手がけた。
[[1985年のF1世界選手権|1985年]]、トールマンチームのスポンサーだったイタリアの衣料品メーカー「[[ベネトン]]」がチームを買収したことにより、翌[[1986年のF1世界選手権|1986年]]からチームは「[[ベネトン・フォーミュラ]]」(以降ベネトン)として参戦することとなったが、シモンズは引き続き残留した。
 
[[1991年]]に[[ジョン・バーナード]]をテクニカルディレクターに迎えることをチームが決めると、シモンズはチームを離脱し、バーンとともに[[{{仮リンク|エイドリアン・レイナード]]|en|Adrian Reynard|label=}}と契約し、エンジニアリングディレクターとして[[レイナード]]のF1参戦計画に携わった。このレイナードによる参戦計画は結果として失敗に終わり、また、時期を同じくして、バーナードが[[フラビオ・ブリアトーレ]]によって更迭されたこともあって、シモンズはバーンとともに早々にベネトンに復帰した。
 
ベネトンに復帰したシモンズは、研究開発部門に戻りチーフとして統括するとともに、[[ミハエル・シューマッハ]]のレースエンジニアも務め、[[1994年]]と[[1995年]]のシューマッハのドライバーズタイトル獲得に貢献した。翌[[1996年]]にシューマッハは[[スクーデリア・フェラーリ|フェラーリ]]へと移籍していき、その後を追う形で、長年を共にしてきたロリー・バーンがベネトンを去っていったが、シモンズはその後もベネトンに残り、バーン同様にチームを去った[[ロス・ブラウン]]のを受けて、同年11月にテクニカルディレクターに就任した。
 
[[2001年]]に、新たにチームに加入した[[マイク・ガスコイン]]にテクニカルディレクターの座を譲って以後、自らはエンジニアリングディレクターとなり、2002年以降はエグゼクティブエンジニアリングディレクターの称号を帯びるようになった。