「玉井浅一」の版間の差分

出典つきで加筆
(出典つきで加筆)
(出典つきで加筆)
[[File:19441025 pilots of japanese 201 naval air corps farewell.jpg|right|270px|thumb|[[大西瀧治郎]]、玉井らと神風特攻隊・敷島・大和隊員との訣別の水盃。左から順に[[関行男]]ら特攻隊員。後姿の左が玉井、中央が大西。日映・稲垣浩邦カメラマンにより10月20日に撮影<ref>金子敏夫 『神風特攻の記録 戦史の空白を埋める体当たり攻撃の真実』 光人社NF文庫、2005年。P54 - 55</ref>]]
{{main|神風特別攻撃隊}}
やがて、[[ダグラス・マッカーサー]]大将が率いる連合軍の大艦隊が[[フィリピン]]に進攻してきて[[レイテ島の戦い]]が始まった。[[連合艦隊]]は[[捷一号作戦]]を発令し、残存戦力のすべてをつぎ込んで決戦をいどむこととした。そのような状況下で、1944年10月19日夕刻、マバラカット飛行場第201海軍航空隊本部に、一航艦長官に内定した[[大西瀧治郎]]中将が訪れて特攻隊編成に関する会議を開き、玉井も参加した。大西は「[[空母]]を一週間位使用不能にし、捷一号作戦を成功させるため、零戦に250㎏爆弾を抱かせて体当たりをやるほかに、確実な攻撃法は無いと思うがどうだろう」と提案した<ref>戦史叢書56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦 p111</ref>。これに対して玉井は、山本201空司令が不在だったために「自分だけでの[[山本栄]]中佐と飛行長[[中島正]]少佐決め大西かマニラに呼び出さ」と返答したが、出発が遅れて、自らマバラカットに向かった大西は同意を得とすれ違いとなっしまった<ref>{{Harvnb|戦史叢書56|1972|p=111}}</ref>。すれ違伝えなった山本は同時マニラ東部の[[二コルス]]基地決行出向き、中島の操縦する零戦の胴体にが乗り込んでマバラカット基地を目指したものの、中島が操縦する零戦玉井発動機が故障し、水田の中一任不時着てしまった。玉井2人時間通りかかった陸軍の[[トラック]]に救助されたが、中島は顔面に軽傷負っただけで済んだらい、飛行隊長指宿正信大尉岳夫大尉と相談本は左足を[[骨折]]てい結果<ref>{{Harvnb|門司親徳|1978|p=280}}</ref>。山本は再びマニラの司令部に戻ると[[軍医]]の応急手たり攻撃決意受けながらすぐに[[小田原俊彦]]参謀長に電話を、小田原から今日の大西にそ旨を伝えた要件、その際に特攻開始編成は航空打診で会ったことを聞くと、「当側には長官のご意見とまったく同任しであるから、マバラカットに残っ欲しる(玉井)副長とよくお打ち合わせくださるよう」要望し、大西はそれを許可に伝えて貰うよう依頼ている<ref>戦史叢書56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦{{Harvnb|猪口|中島|1951|loc=電子版, p111、森史朗『特攻とは何か』文春新書75-82頁位置No.874}}</ref>
 
この事情を知らなかった玉井は、まず一航艦参謀[[吉岡忠一]]中佐に、「零戦に250キロ爆弾を積んで体当りをやってどのくらい効果があるものだろうか?」と尋ねたところ、吉岡は、「空母の飛行甲板を破壊し発着艦を阻止すること位は出来ると思います」と答えている<ref>{{Harvnb|豊田穣|1980|loc=電子版, 位置No.32}}</ref>。その答えを聞いた玉井は、「ご主旨はよくわかりましたが、201空から特攻隊の搭乗員を出すということになると、司令や飛行長の意向も計らねばなりません」と司令の山本に相談したいと申し出たが、大西は押し通すように「司令たちはマニラに呼んだが、一向に着かない。今は副長の意向を司令の意向と考えたいがどうか」と特攻を決行するかは玉井に一任した<ref>{{Harvnb|豊田穣|1980|loc=電子版, 位置No.41}}</ref>。玉井は時間をもらい、飛行隊長指宿正信大尉・横山岳夫大尉と相談した結果、体当たり攻撃を決意して大西にその旨を伝えたが、その際に特攻隊の編成は航空隊側に一任して欲しいと大西に要望し、大西はそれを許可した<ref>{{Harvnb|冨永|安延|1972|p=50}}</ref>。
 
神風特攻隊における指揮官の選定は、「[[海軍兵学校 (日本)|海軍兵学校]]出身者を指揮官に」という猪口の意向を受けて、玉井は、再三再四にわたって熱心に戦局に対する所見を申し出て出撃を志願し「この先生なかなか話せる男」として強い印象を持っていた[[関行男]]大尉を提案した<ref>{{Harvnb|猪口|中島|1951|loc=電子版, 位置No.768}}</ref>。猪口は兵学校教官時代から関を知っており「関ならよかろう」と玉井に賛同し、猪口の賛同を得た玉井は、就寝中の関を起こしに従兵を関の私室に行かせた。やがて[[カーキ]]色の[[第三種軍装]]を身に着けた関が玉井の部屋を訪れたので、玉井は関に椅子をすゝめ、腰かけた関の肩を抱くようにして「今日大西長官が201空に来られ、捷一号作戦を成功させる為、空母の飛行甲板に体当たりをかけたいという意向を示された。そこで君にその特攻隊長をやってもらいたいんだがどうかね」と告げた<ref>{{Harvnb|豊田穣|1980|loc=電子版, 位置No.85}}</ref>。猪口によれば、関は指名された際にその場で熟考の後「ぜひやらせて下さい」と即答したとされているが<ref>戦史叢書56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦 p113</ref>、玉井によれば、関は「一晩考えさせて下さい」と即答を避け、翌朝になって承諾する返事をしたという<ref>文芸春秋編『完本太平洋戦争下』124頁</ref>。
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book |和書 |editor=[[米国戦略爆撃調査団]] 編纂 |others=[[大谷内和夫]](訳) |year=1996 |title=JAPANESE AIR POWER 米国戦略爆撃調査団報告 日本空軍の興亡 |publisher=光人社 |isbn=4769807686 |ref={{SfnRef|米国戦略爆撃調査団|1996}} }}
*戦史叢書56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦
* {{Cite book |和書 |editor=[[防衛庁]][[防衛研修所]]戦史室 編 |year=1968 |title=沖縄方面海軍作戦 |publisher=[[朝雲新聞|朝雲新聞社]] |series=[[戦史叢書]]17 |ref={{SfnRef|戦史叢書17|1968}} }}
* {{Cite book |和書 |editor=防衛庁防衛研修所戦史室 編 |year=1970 |title=沖縄・台湾・硫黄島方面陸軍航空作戦 |publisher=朝雲新聞社 |series=戦史叢書36 |ref={{SfnRef|戦史叢書36|1970}} }}
* {{Cite book |和書 |editor=防衛庁防衛研修所戦史室 編 |year=1971 |title=大本営海軍部・聯合艦隊 |volume=6 (第三段作戦後期) |publisher=朝雲新聞社 |series=戦史叢書45 |ref={{SfnRef|戦史叢書45|1971}} }}
* {{Cite book |和書 |editor=防衛庁防衛研修所戦史室 編 |year=1971 |title=比島捷号陸軍航空作戦 |publisher=朝雲新聞社 |series=戦史叢書48 |ref={{SfnRef|戦史叢書48|1971}} }}
* {{Cite book |和書 |editor=防衛庁防衛研修所戦史室 編 |year=1972 |title=海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦 |publisher=朝雲新聞社 |series=戦史叢書56 |ref={{SfnRef|戦史叢書56|1972}} }}
* {{Cite book |和書 |editor=防衛庁防衛研修所戦史室 編 |year=1973 |title=大本營陸軍部 |volume=6 (昭和十八年六月まで)|publisher=朝雲新聞社 |series=戦史叢書66 |ref={{SfnRef|戦史叢書66|1973}} }}
*[[秦郁彦]]編『日本陸海軍総合事典』第2版、[[東京大学出版会]]、2005年。
*御田重宝『特攻』講談社
* {{Cite book |和書 |author=[[猪口力平]] |author2=[[中島正]] |year=1951 |title=神風特別攻撃隊 |publisher=日本出版協同 |asin=B000JBADFW|ref={{SfnRef|猪口|中島|1951}}}}
* {{Cite book |和書 |author=[[奥宮正武]] |year=1996 |title=日本海軍が敗れた日〈下〉―レイテ沖海戦とその後 |publisher=PHP研究所 |isbn=978-4569569581 |ref={{SfnRef|奥宮正武|1996}}}}
* {{Cite book |和書 |author=[[門司親徳]] |year=1978 |title=空と海の涯で―第一航空艦隊副官の回想 |publisher=毎日新聞社 |asin=B000J8KLWA|ref={{SfnRef|門司親徳|1978}}}}
* {{Cite book |和書 |author=冨永謙吾 |author2=安延多計夫 |year=1972 |title=神風特攻隊 壮烈な体あたり作戦 |publisher=秋田書店 |asin=B000JBQ7K2 |ref={{SfnRef|冨永|安延|1972}} }}
* {{Cite book |和書 |author=伊沢保穂 |coauthors=航空情報編集部|year=1975 |title=日本海軍戦闘機隊―付・エース列伝 |publisher=酣燈社 |asin=B000J9F9F8 |ref={{SfnRef|伊沢|1975}} }}
1,474

回編集