「東京教育大学生リンチ殺人事件」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
==概説==
1970年(昭和45年)8月3日昼、[[池袋駅]]前で街宣活動を行っていた[[革命的共産主義者同盟全国委員会|中核派]]活動家が、たまたま通りかかった[[日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派|革マル派]]活動家の当時[[東京教育大学]][[理学部]][[化学科]]3年生であった被害者男性を発見、その場で[[私刑|リンチ]]を加えた。その後、動けなくなった被害者に「中核」の白ヘルメットを被せて隊列の中に入れ、あたかもデモ隊の一員であるかのように周囲の目撃者に見せかけて、中核派の拠点校である[[法政大学]]に拉致した。
 
法政大学校内で、中核派メンバーは被害者に「反革命は死ね」「ここから生きて帰れると思うな」と罵声を浴びせながら、殴る蹴るのリンチを加えて殺害、遺体を[[東京厚生年金病院]]の玄関前に遺棄し、4日朝発見された。
 
被害者男性は、8月3日早暁まで大学内で化学実験をしていたことが確認されている。その後、帰宅途中に池袋駅構内において、[[カンパ]]活動中の中核派集団に捕捉され、中核派の拠点校であった法政大学に連れ込まれ、リンチを受けた結果、午後6時ころに全身打撲と出血性ショックで亡くなったと診断された<ref>『文理科大学新聞、[[教育大学新聞]] 縮刷版』985ページ</ref>。意図的な殺害ではなく、過度なリンチが殺人をもたらしたと考えられる。
 
被害者男性は、革マル派活動家と見なされてリンチを受けたが、特に目立った活動家ではなかった<ref>『21世紀への置文-新十年史』08年号、36ページ</ref>{{sfn|『置文21』編集同人|2011|p=301}}。[[埼玉県立浦和高等学校]]出身で、池袋駅は大学から自宅への通学経路にあたっていた。
523

回編集