「管理通貨制度」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[ファイル:Components of the United States money supply2.svg|thumb|アメリカのマネーサプライの推移。]]
'''管理通貨制度'''(かんりつうかせいど)とは、[[通貨]]の発行量を[[通貨当局]]が調節することで、[[物価]]の安定、[[経済成長]]、[[雇用]]の改善、[[国際収支]]の安定などを図る制度。本位制度([[金本位制]]、[[銀本位制]])に対していう。
 
管理通貨制度のもとでは通貨当局は金保有量にかかわらず通貨供給量を増減させることが出来るので、[[第二次世界大戦後]]から[[情報革命#IT革命の進行・歴史|情報革命]]を背景に電子記録としての[[預金通貨]]を止め処なく増やしている。右図のような[[通貨供給量]]の増加は世界的な傾向である。
50

回編集