「英霊」の版間の差分

 
== 概要 ==
英霊の語は古くは『[[隋書]]』など中国の古典にみられ、英華霊秀の気をもって生まれた、つまり優れた人を意味した<ref name="min-f44-14" />。
 
日本では幕末に[[藤田東湖]]の「英霊いまだかつて泯びず、とこしえに天地の間にあり」という漢詩の一節が志士の間で詠われ広まった<ref name="min-f44-14">[http://www.mkc.gr.jp/seitoku/pdf/f44-14.pdf 新谷尚紀「民俗学からみる慰霊と追悼」] 明治聖徳記念学会 2020年1月17日閲覧</ref>。
 
さらに[[日露戦争]]以降、特に国に殉じた人々、[[靖国神社]]・[[護国神社]]に祀られている戦没将兵の「忠魂」・「忠霊」と称されていたものを指して使われ始めた <ref>村上重良『慰霊と招魂』岩波新書、1974年、152頁参照。</ref>。政治的、思想的な論争の対象となることがある(詳細は[[靖国神社問題]]を参照)。
 
なお、Fallen Soldiersを英霊と翻訳することがあるが、生死観、霊魂観、身体観などには文化的社会的な差異があるため、それぞれの言語に現れている観念の繊細な差異に注意すべきとされる<ref name="min-f44-14" />。
 
== 議論 ==
16

回編集