「ジローラモ・フレスコバルディ」の版間の差分

書誌情報の誤り訂正など
(書誌情報の誤り訂正など)
[[フェラーラ]]に生まれる。地元フェラーラで、有名な[[作曲家]]で[[オルガニスト]]の[[ルッツァスコ・ルッツァスキ]]に学ぶ。当時フェラーラに滞在中の[[カルロ・ジェズアルド|ジェズアルド]]にも影響されたかもしれない。庇護者エンツォ・ベンティヴォーリョの援助で、[[1607年]]春に、[[ローマ]]のサンタ・マリア・イン・トラステヴェーレ教会の[[オルガニスト]]の座を射止める。[[1608年]]にはベンティヴォーリョと[[ネーデルラント]]地方を旅し、[[ローマ]]に戻ってから聖ペテロ教会の終身オルガニストに就任した。[[1628年]]から[[1634年]]まで[[フィレンツェ]]の[[メディチ家]]宮廷オルガニストも務める。
 
フレスコバルディの大多数の作品は、[[オルガン]]や[[チェンバロ]]のために作曲され、[[トッカータ]]、[[奇想曲|カプリッチョ]]、[[幻想曲|ファンタジア]]、[[カンツォーナ]]、[[リチェルカーレ]]、[[舞曲]]、[[変奏曲]]などがある。最も有名な曲集が《'''音楽の花束''Fiori musicali''''' 》([[1635年]])であり、これはミサ奉献中に演奏さるべく企図されている。《トッカータ集》の第1巻は[[1615年]]、第2巻は[[16371627年]]に出版された。フレスコバルディの最も技巧がかった、最も実験的な作品《100の[[パルティータ]]''Cento Partite'' 》は《トッカータ集 第21巻》の改訂版に収録されている。[[ミサ曲]]や[[モテット]]、[[マドリガーレ]]などを含んだ声楽曲や、鍵盤楽曲以外の器楽曲は、あまり有名ではない。《いかなる楽器によっても演奏可能なカンツォーナ集 第1巻》は[[1628年]]に出版された。
 
フレスコバルディは、[[テンポ]](速度)について近代的な考え方をした革新者の一人であり、厳格な[[タクトゥス]]による[[メンスーラ|白譜定量記譜法]]と、作品中での加速と減速によって特徴付けられるテンポという近代的な概念の、いわば中間の考え方をした。世界で最も早く「[[メトリック・モジュレーション]]」を記譜した作曲家の1人であり{{要出典}}、その記譜が用いられた楽曲の自筆譜には「苦労なしには熟練に達せず」との落書きめいた[[ラテン語]]の落書きが残っている{{要出典}}
 
フレスコバルディの作品は後年の作曲家に非常に重要な影響を及ぼした。門人の[[ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー|フローベルガー]]を通じて、[[フランス]]と[[ドイツ]]の両方のバロック・オルガン楽派に影響を与えており、中でも[[ヨハン・ゼバスティアン・バッハ]]は、精巧かつ入念で凝った対位法様式という点でフレスコバルディの影響を大きく受けている。バッハがフレスコバルディのオルガン曲集《音楽の花束》の写譜を蔵書していたことは有名である。
672

回編集