「ICE TD」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
== 概要 ==
ICEによる高速化の効果を非電化路線へも拡大するため、[[ICE T]]をベースに開発された車体傾斜式の[[気動車・ディーゼル機関車の動力伝達方式|電気式]][[気動車]]である<ref name="世界の高速列車II_p200">『世界の高速列車II』200頁</ref>。[[2001年]]に4両編成20本が製造された。
 
2001年6月よりミュンヘン - チューリッヒ間やベルリン - ドレスデン間など非電化区間の高速化のため導入されたが、トラブルの頻発により2003年に全車が運用を一旦離脱した<ref name="世界の高速列車II_p200" />。2007年からはハンブルク - コペンハーゲン間の「[[渡り鳥コース]]」への投入により運用を再開したものの<ref name="世界の高速列車II_p200" />、2017年10月に運用を終了した<ref name=irj150601>[https://www.railjournal.com/rolling-stock/dsb-to-withdraw-ice-td-fleet-as-db-terminates-lease/ DSB to withdraw ICE-TDs as DB terminates lease] - IRJ・2015年6月1日</ref><ref name=bahn>[https://community.bahn.de/questions/1191214-ice-td-kopenhagen ICE-TD nach Kopenhagen]</ref>。
匿名利用者