メインメニューを開く

差分

冒頭曖昧さ回避部分を乙 (曖昧さ回避)に分割
{{theotheruses|十干の一つ}}
'''乙'''
#(おつ、きのと)十干の一つ。本項で詳述する。
#(おつ)雅楽などで、低い音域のこと。呂(りょ)ともいう。
#(おつ)気がきいていること。「乙なこと」「乙な味」など。通常は仮名で書く。
#(おと)同性の年下の兄弟(すなわち[[弟]]、[[妹]])のこと。また、「若くてかわいい」などの意味を示す接頭辞。「乙女」など。
----
{{十干}}
'''乙'''(おつ、きのと)は、[[十干]]の2番目である。[[陰陽五行説]]では[[木]]性の陰に割り当てられており、ここから日本では「きのと」(木の弟)ともいう。
75

回編集