「スミュルナのコイントス」の版間の差分

m
記事名追加ほか
m (記事名追加ほか)
 
'''スミュルナのコイントス'''([[ギリシャ語]]:'''{{lang|el|Κόιντος Σμυρναίος}}''', ''Kointos of Smyrna'', [[ラテン語]]:'''{{lang|la|Quintus Smyrnaeus}}''', '''クイントゥス''')は、[[古代ギリシア]]の[[叙事詩|叙事]][[詩人]]。『トロイア戦記([[:en:Posthomerica|Posthomerica]]、直訳すると「ホメーロス以後」)』は文字通り「[[ホメーロス]]以後」の[[トロイア戦争]]を物語っている。
 
== 生涯 ==
コイントスがいつの時代の人だったかは諸説ある。4世紀後半とするのが慣習的であるが<ref> Thomas Christian Tychsen, ''Quinti Smyrnaei Posthomericorum libri XIV. Nunc primum ad librorum manoscriptorum fidem et virorum doctorum coniecturas recensuit, restituit et supplevit Thom. Christ. Tychsen acceserunt observationes Chr. Gottl. Heynii'' (Strassburg: Typhographia Societatis Bipontinae) 1807.</ref><ref>Armin H. Köchly, ''Quinti Smyrnaei Posthomericorum libri XIV. Recensuit, prolegomenis et adnotatione critica instruxit Arminius Koechly'' (Leipzig: Weidmannos) 1850.</ref><ref>A.S. Way, ''Introduction'' 1913.</ref>、3世紀、2世紀とする学者もいる。
 
コイントス自身によると、若い時、[[スミュルナ]](現[[イズミル]])近郊で羊の番をしている時に詩を書き出したとあるが、これは[[ヘーシオドス]]に合わせた[[トポス (詩学)|トポス]]かも知れない。この経歴は[[アポローン]]や[[パリス]]とも一致する。
 
== 名前 ==
[[1504年]]、[[アルドゥス・マヌティウス]]が[[ヴェネツィア]]で『Quinti Calabri derelictorum ab Homero libri XIV. Venetiis: in aedibus Aldi』という題名で「規範版([[:en:Editio princeps|Editio princeps]])」を出版した。アルドゥスが作者を「Quintus Calaber(カラブリアのクイントゥス)」としたのは、唯一知られていたコイントスの写本が[[1450年]]、[[ヨハンネス・ベッサリオン]]枢機卿によって[[カラブリア州|カラブリア]]の[[オトラント]]で発見されたからである。[[1577年]]、ミヒャエル・ネアンダー([[:en:Michael Neander|Michael Neander]])のラテン語訳が出された時、編者のLorenz Rhodomannが「Quintus Smyrnaeus」という名前をつけた<ref>''Cointi Smyrnaei, popularis Homeri, poëtae vetustissimi et suavissimi, Ilii excidii libri duo, Reditus Graecorum capta liber unus. Expositi olim in schola Ilfeldensi et editi nunc studio, industria et labore Laurentii Rhodomanni.'' (Leipzig: Steinmann) 1577.</ref>。
 
== 作品 ==
『トロイア戦記』として知られるコイントスの叙事詩は14巻から成っていて、ホメーロスの『[[イーリアス]]』の最後からトロイア戦争の終局までを描いている。その時代を描いた作品としては、現存するものの中で最古のものである。コイントスが引用した古い「[[叙事詩の環]]」に含まれる作品は現存していない。
 
残りの巻は『イリオスの攻略』と同じで、トロイアの木馬によるトロイアの攻略、アキレウスの墓への[[ポリュクセネー]]の生贄、ギリシア軍の出発と嵐による離散が描かれる。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{1911|wstitle=Quintus Smyrnaeus|volume=22|page=}}
*{{1911}}
 
===日本語文献===
* [[松田治]]訳 『[[トロイア]]戦記』 [[講談社学術文庫]]、2000年 
** 松田治 『トロイア戦争全史』 講談社学術文庫、2008年 
* 森岡紀子訳 『ホメロス後日譚』 [[京都大学学術出版会]]「西洋古典叢書」、2018年10月
 
==外部リンク==
* {{gutenberg author| id=Quintus+Smyrnaeus+th+century | name=Quintus Smyrnaeus}}
* [http://omacl.org/Troy/ ''Quintus Smyrnaeus The Fall of Troy'' translated by Arthur Sanders Way] (Loeb Classical Library) 1913).
* [http://www.gltc.leidenuniv.nl/index.php3?c=154 Quintus Smyrnaeus: a modern bibliography]
 
{{DEFAULTSORT:こいんとす すみゆるな}}