「東京メトロポリタンテレビジョン」の版間の差分

(元資料のEDINETに変更。匿名の転載サイトにする必要はない、ref nameの名称は数が多いこともあり便宜上変更せず)
*2016年10月10日、プロ野球パ・リーグ[[2016年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ|クライマックスシリーズファーストステージ]]の取材のため福岡を訪れていた『[[パ・リーグ応援宣言!ホークス中継]]』の当局番組スタッフが女性にわいせつな行為を働いたとして強制わいせつの疑いで逮捕された<ref>[http://www.yomiuri.co.jp/national/20161011-OYT1T50017.html MXテレビ社員、強制わいせつ容疑で逮捕]読売オンライン 2016年10月10日 同年10月12日閲覧</ref>。
*評論家で、『[[西部邁ゼミナール]]』の司会者だった[[西部邁]]が2018年1月21日に[[自殺]]をした際、[[死の幇助|幇助]]したとして同年4月5日に当局子会社社員で同番組の元プロデューサーが[[自殺関与・同意殺人罪|自殺幇助]]の容疑者の1人として逮捕された。また、共犯として逮捕された人物も同番組に出演したことがあったという<ref>[https://www.asahi.com/articles/ASL457FV8L45UTIL05K.html 西部邁さんの自殺を手助けした疑い、知人の2人を逮捕]朝日新聞デジタル 2018年4月5日 同年4月6日閲覧</ref>。
*『[[ニュース女子]]』([[DHCテレビジョン|DHCテレビ]]制作。2018年3月にTOKYO MXでのネット打ち切り)<ref>{{Cite web|url=https://www.asahi.com/articles/ASL6H5S97L6HUCLV00Y.html|title=「ニュース女子」放送継続か中止か 対応分かれる地方局|accessdate=2020年1月19日|publisher=朝日新聞(2018年6月16日作成)}}</ref>や『[[欲望の塊]]』(2019年1月から3月放送)<ref>{{Cite web|url=https://www.asahi.com/articles/ASN1K6K4QN1KUCVL01M.html|title=MX番組、優勝のホストに「超高級スーパーカー」渡さず|accessdate=2020年1月19日|publisher=朝日新聞(2020年1月17日作成)}}</ref>のように外部の[[番組制作会社|制作会社]]からTOKYO MXに持ち込まれて放送した番組でのトラブルも発生しており、持ち込み番組に対するTOKYO MX局内での事前チェック体制の不備を指摘する意見も挙がっている<ref>{{Cite web|url=https://mainichi.jp/articles/20170222/ddm/005/070/132000c|title=社説:MXテレビ 電波の公共性、自覚せよ|accessdate=2020年1月19日|publisher=毎日新聞(2017年2月22日作成)}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/19/kiji/20200118s00041000471000c.html|title=東京MX番組、タレントやスタッフへのギャラも未払いか…番組作りは制作会社に“丸投げ”|accessdate=2020年1月19日|publisher=スポーツニッポン(2020年1月19日作成)}}</ref><ref>{{Cite news|title=“優勝賞品未届け問題”でMXテレビのチェック体制に厳しい声…BPO審議入りか|newspaper=Sponichi Annex|date=2020-01-20|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200120s00041000069000c.html|agency=スポーツニッポン新聞社|accessdate=2020-01-20}}</ref>。
 
==その他==