「レクイエム (モーツァルト)」の版間の差分

m
(「音楽・音声外部リンク(全曲試聴)」見直し)
=== オッフェルトリウム【奉献文】 ===
:'''第9曲 ドミネ・イエス'''【主イエス】 (ト短調 アンダンテ・コン・モート 4分の4拍子 合唱・四重唱)
::合唱、四重唱ともにポリフォニーが多く用いられた曲進行となる。"quam olim Abrahæ"以降はフーガで締めくくられる。
:'''第10曲 オスティアス'''【賛美の生け贄】 ([[変ホ長調]] アンダンテ 4分の3拍子 合唱)
::第9曲と対照的にホモフォニックに歌われる。最後のフーガは前曲のものが再現される。
 
=== サンクトゥス【聖なるかな】 ===
:'''第11曲 サンクトゥス'''【聖なるかな】 ([[ニ長調]] アダージョ 4分の4拍子 合唱)