「ざる」の版間の差分

== 用途 ==
ざるはは主には料理材料の「水きり」に使われるが、他にも「盛り付け」など さまざまな用途がある<ref name="nipponica" />。
 
;水分を切る(あるいは、洗う時に食材をまとめ、その後に水を切る)
ひとつの用途は、食材の水洗いをし([[野菜]]を洗ったり、[[米]]を磨いだりし)、しかも洗っている最中に食材が散乱したりしないようにとどめ、その後にその水分を切るために用いるというものである(米揚げザルなど)。
 
なお(基本的にはボウルであるが)その縁の一部分が穴の空いたざる状になっているものもある。これは水を溜めて使う用途と水を切る用途の両方に使えるため、米を磨ぐ際に便利である。
 
 
;湯を切る
[[File:湯切り (43434701224).jpg|thumb|right|150px|柄付きのざるで行う湯切り]]
うどんやそばを茹でた後に、うどんやそばの表面の「湯を切る」ために使うこともある。湯につける(湯で調理する)ために使われる場合もある。うどんやそばの調理に使われる湯切り専用の取っ手付きのざるは「'''水嚢'''」(すいのう)という。「'''振りざる'''」や「揚げざる」とも呼ばれる。[[讃岐うどん]]の再調理(および湯切り)などには径が小さく深底の特殊なざるを用いるが、「'''鉄砲ざる'''」(略して'''テボ'''、'''てぼざる'''とも言われる)と呼ばれる。その名の由来は一説に「(うどんの)玉」を入れて(再加熱のために)茹で上げるからと言われている(鉄砲の[[弾]]との[[語呂合わせ]])。
 
 
;干す(ほす)
[[画像:Umebosi Doyobosi.jpg|thumb|right|200px150px|梅干しをつくるのに使われているざる。]]
食材を日干し(ひぼし)にしたり、陰干し(かげぼし)にしたりするため、いわゆる「干しもの」を作るために使われることもある。たとえば[[梅干し]]を作るためにも使われるし、薄くスライスした野菜([[かぼちゃ]]、[[なす]]、[[生姜]]など)を干して「干し野菜」を作るためにも使われる<ref>[https://allabout.co.jp/gm/gc/382532/]</ref>。ミニトマトを丸のまま干して[[ドライトマト]]にするために使う人もいる。
 
;料理を盛り付ける
[[Image:Seiro_soba_at_Takasho_in_Nezu,_Tokyo.jpg|thumb|200pxright|150px|そばを盛るのに使われたざる。こうした提供のされかたをされると、そばは「[[ざるそば]]」や「[[もりそば]]」となる。]]
そばやうどんなどを盛りつけ、「ざるそば」「もりそば」「ざるうどん」などとしてお客に提供するためにも使われる。
 
;品物をまとめる、展示する
商店の店頭で商品を展示、販売するために使われることもある。
 
<Gallery>
File:焼ポン (10138703016).jpg|商品の展示
</Gallery>
 
;漁
匿名利用者