「ざる」の版間の差分

 
== 概説 ==
ざるとは、[[竹]]の薄片やプラスチックなどで[[編む|編んで]]、[[円]]く、くぼんだ形につくった[[器]]のことである<ref name="koujien" /><ref>日本語の慣用表現としては「かごを編む」と言うが、厳密に言うと([[トポロジー]]的に言うと)、かごのほとんどは、「編み」ではなく、「[[織り]]」の構造でできている。</ref>。(特許という観点から、特許庁の文書を用いて、かなり理屈っぽく解説すると「食品や食器などの水気を切るのに用いる線状のものを編んだ構造もしくは底部に穴が開けられた構造になっている容器<ref name="jpo-card-C5">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C5.pdf 意匠分類定義カード(C5)C5-4560] 特許庁</ref>」ということになる。)
 
漢字では「[[笊]]」と書くが、これは(中国においても同様のものを指し)竹で編んだ器を意味する<ref name="nipponica">日本大百科全書(ニッポニカ)、「ざる」</ref>。
匿名利用者