「モデル (自然科学)」の版間の差分

例として図を追加
({{出典の明記}}追加。「分類」節を追記。)
(例として図を追加)
[[ファイル:Tychonian system.svg|サムネイル|天動説のモデル]]
[[ファイル:US Atomic Energy Commission logo.jpg|サムネイル|[[ラザフォードの原子模型]]をモチーフとした[[アメリカ原子力委員会]]の記章]]
[[ファイル:Ecological Pyramid.png|サムネイル|[[生態ピラミッド]]のモデル]]
{{出典の明記|date=2019年2月3日 (日) 05:30 (UTC)}}
[[自然科学]]における'''モデル'''は、[[理論]]を説明するための簡単な具体的なもの。特に[[幾何学]]的な[[図形]]を用いた概念や物体。[[解釈]]とモデルは、おおよそ、1対1で対応する。ある解釈に対して、それを具体的に示すモデルがある
 
== 例 ==
[[デオキシリボ核酸|DNA]]の構造は、[[二重らせん]]モデルで説明されている。
 
[[天文学]]では、「[[天動説]]」及び「[[地動説]]」という理論があり、それを図形的に示したモデルがあった。[[ヨハネス・ケプラー]]は[[正多面体]](プラトン立体)を用いた[[太陽系]]モデルを示した。
 
 
[[生物学]]・[[医学]]の研究では上記のようなモデルのほかに、生物を利用したモデルが用いられる。例えば[[実験動物]]を用いた疾病モデルなどがある。生物学では生命現象一般に関する研究のために単純で実験しやすい生物が用いられ、これらは[[モデル生物]]と呼ばれる。
 
== 解釈とモデル ==
[[解釈]]とモデルは、おおよそ、1対1で対応する。ある解釈に対して、それを具体的に示すモデルがある。但し、二つのモデルが兄弟のように似ていると、それを一つの(大分類の)モデルと見なすこともできる。
 
== 学問とモデル ==