「巡査部長」の版間の差分

編集の要約なし
都道府県採用警察官は、[[巡査]]を命じられ、そこから2 - 4年(最終学歴によって異なる)務めると昇任試験受験資格を得る。制帽は巡査と変わりはないが、制服(冬服および合服上衣)の両袖には銀色の斜め一本線の袖章が入る。
 
警察組織の初級幹部であり、[[司法警察員]]に任じられる。巡査部長昇任試験は倍率20倍と言われるほどの難関である<ref>「出世とカネ」から「天下りと拳銃」まで警察の 「掟」「タブー」「都市伝説の真偽」を誌上公開 [[黒木昭雄]]([[SAPIO]] 2010年9月29日号掲載)</ref>で、[[日本国憲法|憲法]]や[[刑法 (日本)|刑法]]などの[[法学]]、警察実務、社会常識にまつわる択一式の筆記試験のほか、[[論文]]、[[面接]]、[[逮捕術]]などの実技試験で構成され、警察官としての幅広い知識が問われる<ref>[https://shingakunet.com/bunnya/w0001/x0003/career/]</ref>。なお、[[語学]]・[[簿記]]・[[コンピュータ]]などの専門技能保持により採用される「専門捜査官」も、本級にて採用する都道府県がある
 
== 役職 ==