「京都サンガF.C.」の版間の差分

編集の要約なし
| 呼称 = 京都サンガF.C.
| 愛称 = サンガ
| カラー = {{colorbox|purple}} 紫<ref name="jleague">{{cite web|url=http://www.jleague.jp/club/kyoto/profile|title=クラブガイド:京都サンガF.C.|work=日本プロサッカーリーグ|accessdate=20192020-92-251}}</ref>
| 創設 = 1922
| リーグ = [[日本プロサッカーリーグ]]
| クラブライセンス=J1
| ホームタウン = [[京都府]][[京都市]]<ref name="jleague" />、[[宇治市]]<ref name="jleague" />、[[城陽市]]<ref name="jleague" />、[[向日市]]<ref name="jleague" />、[[長岡京市]]<ref name="jleague" />、[[京田辺市]]<ref name="jleague" />、[[木津川市]]<ref name="jleague" />、[[亀岡市]]<ref name="jleague" />、[[南丹市]]<ref name="jleague" />、[[京丹波町]]<ref name="jleague" />[[福知山市]]<ref name="jleague" />、[[舞鶴市]]<ref name="jleague" />、[[綾部市]]<ref name="jleague" />
| スタジアム = [[ファイル:Sanga stadium by kyocera03.jpg|center|220px]][[サンガスタジアム by KYOCERA]]<ref name="jleague20200110jleague">{{Cite press release|url=https://www.jleague.jp/release/post-62736/|title=2020明治安田生命Jリーグ ホーム開幕カード決定!|publisher=日本プロサッカーリーグ|date=2020-01-10|accessdate=2020-01-11}}</ref>
| キャパ = 21,600623<ref name="jleague" />
| 法人名 = 株式会社京都パープルサンガ<ref name="jleague" />
| 代表 = 伊藤雅章<ref name="jleague" />
|略称 =
|郵便番号 = 600-8009
|本社所在地 = 京都市下京区[[四条通]]室町東入凾谷鉾町87 ケイアイ興産京都ビル<ref name="jleague" />
|国籍 =
|設立 = 1994年1月13日<ref name="clubguide"/>
がホームタウンに追加された。なお、宇治市などへ広域化された際に、クラブ側は「よりホームタウンを活性化させるには試合の本拠地である京都市やクラブハウスのある城陽市を含め京都府南部の市町村の連携が不可欠」とコメントしている<ref>{{Cite pressrelease|url=http://www.jleague.jp/release/article-00003627|title=京都サンガF.C.のホームタウン広域化について|publisher=Jリーグ|date=2010-8-17|accessdate=2017-1-16}}</ref>。
 
ホームスタジアムは[[亀岡市]]の[[サンガスタジアム by KYOCERA]]で、2020年シーズンから使用される{{R|jleague20200110}}。練習場は[[京都サンガF.C.東城陽グラウンド]]<ref name="jleague" />(通称:サンガタウン城陽)である(詳細は[[#スタジアム・練習場]]を参照)。クラブマスコットは1995年に誕生した「[[パーサくん]]」と2003年に誕生した女の子のお友達「コトノちゃん」であり、いずれも「[[鳳凰]]」と「[[フェニックス|不死鳥]]」をモチーフとしている<ref name="jleague" /><ref name="clubguide"/>。
 
== 歴史 ==
== スタジアム・練習場 ==
=== ホームスタジアム ===
ホームスタジアムは、京都府が亀岡市・[[亀岡]]に建設した球技専用の[[サンガスタジアム by KYOCERA]](京都府立京都スタジアム)。京都府が主導する球技専用スタジアム建設計画は建設規模や建設候補地の調整に時間がかかり、さらに亀岡への建設が決まっても[[天然記念物]]かつ[[国内希少野生動植物種]]である[[アユモドキ]]の生息地であったことから設計が二転三転したが、2018年に工事着手し、2020年1月に竣工式が行われた。
 
2019年シーズンまでは[[京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場|たけびしスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)]]を使用していた。西京極はJリーグが定める[[Jリーグクラブライセンス制度|クラブライセンス]]でスタンドの屋根の占有率や、トイレ数などが充足していないが、今後、[[京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場#今後の整備計画|西京極のライセンス充足化工事]]の実施、及び新スタジアムの建設が計画されていることを理由に、同クラブに対するライセンス交付上の制裁は2015年度以後については行われていない<ref name="gekisaka20140929">{{Cite news|url=http://web.gekisaka.jp/news/detail/?148337-148337-fl|title=鳥取は「停止条件付き」のJ2ライセンス…北九州はプレーオフ圏内でもJ1昇格はなし|newspaper=[[ゲキサカ]]|date=2014-09-29|accessdate=2016-03-06}}</ref><ref name="gekisaka20150929-01">{{Cite news|url=http://web.gekisaka.jp/news/detail/?173068-173068-fl|title=群馬と讃岐は練習場不備などでJ2ライセンスに…会計不正発覚した愛媛にもJ1ライセンス|newspaper=[[ゲキサカ]]|date=2015-09-29|accessdate=2015-09-29}}</ref>。なお、過去のホームゲーム開催スタジアムは「[[京都サンガF.C.の年度別成績一覧#年度別入場者数|当項目]]」を参照のこと。
 
=== 練習場 ===
9,378

回編集