「郷土料理」の版間の差分

→‎現状: 内部リンクの追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎現状: 内部リンクの追加)
食品の流通、加工、貯蔵の各技術の近代化により食品の均質化と家庭内調理法の画一化が進み食生活の地方色が薄れつつある<ref name=jhej1987.38.425 />と指摘されている。また、古くは各家庭で調理されていたが、工場で生産された調理済み品を購入する形態が増加している<ref>中村喜代美、新澤祥恵、[https://doi.org/10.11402/ajscs.14.0.49.0 現代の食生活における郷土食 郷土料理の調理実態] 日本調理科学会 平成14年度日本調理科学会大会 P.49, {{doi|10.11402/ajscs.14.0.49.0}}</ref>。
 
現代では'''郷土料理'''にアレンジと新たな地域産品を加え、地域興しを兼ねた'''ご当地グルメ'''が各地で[[観光資源]]として商品化されている<ref>村上喜郁、「{{PDFlink|[http://library.tourism.ac.jp/pdf/no.10YosifumiMurakami.pdf ご当地グルメの競争優位構築に関する予備的考察]}}」大阪観光大学紀要開学 (2010)</ref>。
 
== 脚注 ==