「組織犯罪対策部」の版間の差分

Nickel 2 Train (会話) による ID:76025029 の版を取り消し
(rv/v LTA:OYAKO)
(Nickel 2 Train (会話) による ID:76025029 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
{{保護依頼}}
'''組織犯罪対策部'''(そしきはんざいたいさくぶ)とは、[[日本の警察]]組織のうち、主に[[暴力団]]、[[拳銃|銃器]]や[[麻薬|違法薬物]]の使用・密売買、[[犯罪]]対策を目的とする内部組織の一つ。旧来は[[刑事部]]等において[[刑事部#概要|捜査第四課]]と呼ばれていた部局が独立して設置されてきている。通称「組対」<ref>[https://www.nippon.com/ja/features/c04203/ マル暴捜査最前線:徹底した情報収集、24時間の監視活動] nippon.com 2017年9月19日、2019年6月17日閲覧。</ref>。
 
== 種類 ==
***第1-第7係
*組織犯罪対策第二課
**第1捜査係(課内庶務、国際事件調整)、第2捜査係(国際連絡調整)、第3-3 - 第23捜査係(国際犯罪捜査)
*組織犯罪対策第三課
**暴対企画係、暴力団情報管理係、暴力団規制第1 - 第6係、暴力団排除第1・第2係、保護対策第1 - 第2係、行政命令係、特殊暴力対策第1・第2係、特殊暴力犯捜査第1 - 第3係
 
== 福岡県警察本部暴力団対策部 ==
[[2010年]]1月、[[福岡県警察]]は、[[警察本部]]としては[[警視庁]]に次いで2番目に部として独立させた。部長は[[警視長]]で警察庁から出向してきたキャリア組が就き<ref>[https://yakuin-lawoffice.com/%E3%80%8C%E5%B7%A5%E8%97%A4%E4%BC%9A%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%80%8D%E7%8C%AA%E5%8E%9F%E8%AA%A0%E5%8F%B8%E3%80%80%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%98%E5%B7%BB%EF%BC%88%EF%BC%92/ 警察政策第18巻(2016)「工藤会対策」 猪原誠司(警察庁暴力団対策課長。平成24年2月28日~福岡県暴力団対策部長,平成26年8月26日~警察庁刑事局組織犯罪対策部暴力団対策課長)]</ref>、副部長兼[[北九州地区]]暴力団総合対策現地本部長は[[警視正]]。
[[2010年]]1月、[[福岡県警察]]は、[[警察本部]]としては[[警視庁]]に次いで2番目に部として独立させた。
 
*組織犯罪対策課 - 国際捜査室、保護対策室、暴力団排除調査係、北九州地区暴力団排除調査係
**特定事件捜査係
**特別捜査班
*北九州地区暴力団犯罪捜査課(北九州市に主たる事務所の所在地を有する指定暴力団に係る犯罪の捜査) - 専従捜査員約150140名配置<ref>捜査四課 トップらを軒並み逮捕 福岡県警の暴力団壊滅作戦 (特集 職員29万人を抱える巨大組織の秘密 日本の警察 [http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/113933 ■=2014/09/13付 もっと知りたい権力とお金) -- (転換期を迎える西日本の警察) , 週新聞夕ダイヤモンド=2014年09月13日(最終更新 2014年09月13日 104(30),17時19分) 49, 2016-07-30 , ダイヤモンド社工藤会、5年で勢力3割減 法令強化、集中取り締まり奏功]</ref>
**「北九州地区暴力団総合対策現地本部」、「工藤会壊滅集中取締本部(本部長:福岡県警察本部長)」
**北九州地区暴力団対策係、特別捜査班
== 愛知県警察本部刑事部組織犯罪対策局 ==
*組織犯罪対策課
*捜査第四課(弘道会特別対策室)
*暴力団対策室
*薬物銃器対策課
*国際捜査課
 
== 宮城県警察本部刑事部組織犯罪対策局 ==
*組織犯罪対策課(国際捜査室)
*暴力団対策課
*銃器薬物対策課
 
== 兵庫県警察本部刑事部組織犯罪対策局 ==
*組織犯罪対策課(国際捜査室)
*暴力団対策課
*薬物銃器対策課
匿名利用者