「原子爆弾」の版間の差分

(→‎外部リンク: 外部リンクの修正 https://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/https://www.hiroshima-med.jrc.or.jp/https://www.peace-nagasaki.go.jp/https://nsarchive2.gwu.edu//NSAEBB/NSAEBB162/index.htmhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009040220_00000)
プルトニウムは自発核分裂の確率が高く、プルトニウム原爆は過早爆発防止の為にこの方式でのみ実用可能となるのに対し、ウラン原爆はインプロージョン型、ガンバレル型のどちらでも可能である。
 
しかしこの方式は衝撃波の調整や爆縮レンズの設計が非常に難しく、高度な計算に使用できるほど高性能なコンピュータがなかった[[マンハッタン計画]]時、数学者[[ジョン・フォン・ノイマン]]達の10か月にも及ぶ衝撃計算がなければ実現し得なかったと言われている。砲身方式の原爆は実地テストなしで長崎広島に投下されたが、爆縮方式の爆弾はこのような高精度の動作が求められたため、[[ニューメキシコ州]][[アラモゴード]]の[[トリニティ実験]]で設計通りに作動することを確認するテストが行なわれた。この方式は前述の砲身方式より効率が良い。核分裂連鎖反応が始まって核物質を四散させようとする圧力を、爆縮による内向きの圧縮力が押さえこみ、核分裂が継続するためである。そのため、[[第二次世界大戦]]以後製造された原子爆弾は、核開発の初期段階で製造されたものを除きプルトニウム型・ウラン型ともに爆縮方式である。
 
==== 改良型の原子爆弾 ====
374

回編集