「エルトロンボパグ」の版間の差分

編集の要約なし
 
 
<!--Clinical data-->
| tradename = レボレードPromacta, Revolade, Elbonix
| Drugs.com = {{Drugs.com|monograph|eltrombopag}}
| MedlinePlus = a609011
| StdInChIKey = XDXWLKQMMKQXPV-HPNDGRJYSA-N
}}
'''エルトロンボパグ''' (Eltrombopag) は[[血小板減少症]]および[[再生不良性貧血]]の治療薬の一つである。[[トロンボポエチン]]が結合する{{仮リンク|c-mpl|en|c-mpl}}(TpoR)[[受容体]]の小分子[[アゴニスト|作動薬]]である商品名'''レボレー[[グラクソ・スミスクライン]]と{{仮リンク|リガン'''(・ファーマシューティカルズ|en|Ligand Pharmaceuticals}}の共同研究の結果として発見された。[[ノバルティス]]によって製造販売)されており、EU、中国、日本での商品名は商品名'''レボレード'''(Revolade)、アメリカ合衆国での商品名は'''Promacta'''である。[[日本]]、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]、[[欧州連合|欧州]]で[[希少疾病用医薬品]]に指定されている。2014年2月には米国で免疫抑制療法が無効な[[再生不良性貧血]]に対する画期的治療薬に指定された<ref>{{Cite web|title=GSK gains FDA Breakthrough Therapy designation for Promacta/Revolade (eltrombopag) for severe aplastic anaemia|url=http://www.gsk.com/media/press-releases/2014/gsk-gains-fda-breakthrough-therapy-designation-for-promacta--rev.html|work=GSK Press Release|publisher=GSK|accessdate=28 March 2014}}</ref>。エルトロンボパグは再生不良性貧血の患者の一部で三血球系の産生をもたらし、[[赤血球]]数、[[白血球]]数、[[血小板]]数を増加させる<ref>{{Cite journal | authors = Desmond R, Townsley DM, Dumitriu B, Olnes MJ, Scheinberg P, Bevans M, Parikh AR, Broder K, Calvo KR, Wu CO, Young NS, Dunbar CE | title = Eltrombopag restores trilineage hematopoiesis in refractory severe aplastic anemia that can be sustained on discontinuation of drug | journal = Blood | volume = 123 | issue = 12 | pages = 1818–25 | date = Mar 2014 | pmid = 24345753 | doi = 10.1182/blood-2013-10-534743 | url = http://bloodjournal.hematologylibrary.org/content/123/12/1818.long?hw-tma-check=true }}</ref>。開発コードSB-497115-GR。
 
== 適応症 ==
* 慢性[[特発性血小板減少性紫斑病]]
* 再生不良性貧血(日本では2017年8月より適応)
 
==副作用==
}}</ref>、慢性特発性血小板減少性紫斑病治療薬として2010年3月に欧州で<ref>{{cite web |url=http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2010_01/P1000619.html |title=Revolade(一般名:エルトロンボパグ)、欧州で慢性特発性血小板減少性紫斑病の適応で承認される |publisher=グラクソ・スミスクライン |date=2010-03-23 |accessdate=2015-08-27}}</ref>、2010年10月に日本で<ref>{{cite web |url=http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2010_07/P1000659.html |title=慢性特発性血小板減少性紫斑病治療薬「レボレード」 承認取得 |publisher=グラクソ・スミスクライン |date=2010-10-27 |accessdate=2015-08-27}}</ref>承認された。
 
重症再生不良性貧血治療薬としては、2014年8月に米国で<ref>{{cite web |url=http://glaxosmithkline.co.jp/press/press/2014_07/P1000862.html |title=グラクソ・スミスクラインのPromacta(一般名:エルトロンボパグ)免疫抑制療法(IST)に抵抗性の重症再生不良性貧血(SAA)患者に対する新たな適応症でFDAから承認を取得 |publisher=グラクソ・スミスクライン |date=2014-09-17 |accessdate=2015-09-17}}</ref>、2015年9月に欧州で<ref>{{cite web |url=http://www.novartis.co.jp/news/2015/pr20150916_02.html |title=ノバルティスの「レボレード」、このクラスで初の重症再生不良性貧血の治療薬として、EUから承認を取得 |publisher=ノバルティス |date=2015-09-16 |accessdate=2015-09-17}}</ref>承認を取得した。2017年、NIHはエルトロンボパグを再生不良性貧血の標準治療とした<ref>{{Cite journal|last=Townsley|first=Danielle M.|last2=Scheinberg|first2=Phillip|last3=Winkler|first3=Thomas|last4=Desmond|first4=Ronan|last5=Dumitriu|first5=Bogdan|last6=Rios|first6=Olga|last7=Weinstein|first7=Barbara|last8=Valdez|first8=Janet|last9=Lotter|first9=Jennifer|date=2017-04-20|title=Eltrombopag Added to Standard Immunosuppression for Aplastic Anemia|journal=New England Journal of Medicine|volume=376|issue=16|pages=1540–1550|doi=10.1056/NEJMoa1613878|issn=0028-4793|pmid=28423296|pmc=5548296}}</ref>
 
==臨床開発==
18,073

回編集