「ネオアコ」の版間の差分

出典追加、他
(→‎関連項目: 挙例されているイギリスのバンドの多くは「ギターポップ」ジャンルの様に見えます)
(出典追加、他)
== 概要:歴史 ==
{{出典の明記|date=2020年1月|section=1}}
[[1980年代]]初頭、[[イギリス]]のチェリー・レッド、ラフ・トレード、ポストカード、[[ベルギー]]の[[クレプスキュール]]といった[[レコードレーベル|レーベル]]から、「[[パンク・ロック|パンク]]以降」を感じさせる新しい感覚の[[アコースティック]]・サウンドを奏でるアーティストが登場した{{sfn|辻󠄀口|2000|page=80}}。「ネオ・アコースティック」という呼称は、これらのアーティストまたはムーブメントに対して、日本の評論家やレコード会社が名付けたのが始まりとされる{{sfn|宮子|1998|pages=12-13}}
 
呼称の由来として、当時[[パンク・ロック|パンク]]以降に登場した様々な音楽スタイルに対して「ネオ○○」というジャンル名が与えられていたことが背景にある(ネオ・サイケ、ネオ・モッズなど)。この場合の「ネオ」は[[ポスト・パンク]]に近い意味合いであると思われ、音楽業界において「[[パンク・ロック|パンク]]が旧来の価値観を破壊した」という認識のもと、旧来の音楽スタイルと区別する意味で使われたものである{{sfn|宮子|1998|pages=12-13}}
 
[[1980年代]]半ば頃まで、ネオアコは[[イギリス]]および日本の”少数の”[[リスナー]]に一定の人気を保っていた。[[1983年]]から[[1985年]]にかけては、[[アルバム]]が発表されるが、当時の日本においてネオアコのファンは、あくまで一部の洋楽リスナーに限定されていたと言っていいだろう。日本ではネオアコとされたオレンジ・ジュースだが、彼らの曲「リップ・イット・アップ」<ref>httphttps://www.discogs.com/ja/Orange-Juice-Rip-It-Up/...master/220713</ref>{{リンク切れ|date=2020年1月}}はシックなどの影響を受けたダンサブルな曲だった。音楽的には、ニール・ヤング、ボブ・ディラン、[[バーズ]]をはじめとする[[1960年代]] - [[1970年代|70年代]]の[[アメリカ合衆国|アメリカ]]、イギリスのフォーク、[[フォーク・ロック|フォーク]]とは異なり、同様に[[アコースティック]]楽器を中心としているが、それらよりも「青臭く」て大人の視点が欠落した透明感のあるサウンドを特徴とする<ref name="タワレコ90-2">{{Cite web |author=北爪 啓之、柴田 かずえ、村尾 泰郎 |date=2009-06-10 |url=https://tower.jp/article/series/2009/06/10/100044100/100044101 |title=第90回 ─ ネオアコ(2) |website=TOWER RECORDS ONLINE |publisher=タワーレコード |accessdate=2020-02-03 }}</ref>。1980年代半ば以降は、アーティストの音楽性が洗練されていった影響もあり、この動きは一時下火となっていた。
 
[[1989年]]、日本でネオアコから多大な音楽的影響を受けた[[フリッパーズ・ギター]]がメジャー・デビューした。TVドラマの主題歌に使われた「恋とマシンガン」ブレイクを果たすと、そのして以彼らが影響を受けたネオアコのアーティスト達を様々な媒体で紹介した事や、また彼らが導火線の一つとなったとされる[[渋谷系]]の勃興も相まって、[[1990年代]]初頭にネオアコの人気が盛り上がり、多くの新しいファンを獲得した{{sfn|宮子|1998|pages=39}}
 
== 代表的なミュージシャン ==
=== イギリス ===
====80年代====
*[[アズテック・カメラ]] ([[:en:Aztec Camera|Aztec Camera]])<ref name="タワレコ90-2" />{{sfn|辻󠄀口|2000|page=8}}
*[[プリファブ・スプラウト]] ([[:en:Prefab Sprout|Prefab Sprout]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=50}}
*[[フェルト (バンド)|フェルト]] ([[:en:Felt (band)|Felt]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=13}}
*[[エドウィン・コリンズ|オレンジ・ジュース]] ([[:en:Orange Juice (band)|Orange Juice]])<ref name="タワレコ90-2" />{{sfn|辻󠄀口|2000|page=49}}
*[[ペイル・ファウンテンズ]] ([[:en:The Pale Fountains|The Pale Fountains]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=17}}
*[[エヴリシング・バット・ザ・ガール]] ([[:en:Everything but the Girl|Everything but the Girl]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=10}}
*[[フレンズ・アゲイン]] ([[:en:Friends Again (band)|Friends Again]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=37}}
*[[ウィークエンド (バンド)|ウィークエンド]] ([[:en:Weekend (Welsh band)|Weekend]])<ref name="タワレコ90-2" />
*[[イースト・ヴィレッジ]] ([[:en:East Village (band)|East Village]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=10}}
*[[ジャスミン・ミンクス]] ([[:en:The Jasmine Minks|The Jasmine Minks]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=42_}}
*[[ザ・パステルズ]] ([[:en:The Pastels|The Pastels]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=111}}
*[[アイレス・イン・ギャザ]] ([[:en:Eyeless in Gaza (band)|Eyeless in Gaza]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=11}}
*[[ロータス・イーターズ]] ([[:en:The Lotus Eaters (band)|The Lotus Eaters]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=45}}
*[[ザ・ブルーベルズ (スコットランドのバンド)|ザ・ブルーベルズ]] ([[:en:The Bluebells|The Bluebells]])<ref name="タワレコ90-2" />{{sfn|辻󠄀口|2000|page=27}}:[[パティ・ラベル]]のコーラスグループのブルーベルズとは異なる。
*[[フレンズ(バンド)|フレンズ]]([[:en:Friends (band)|Friends]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=13}}
*[[ヒット・パレード]] ([[:en:The Hit Parade|The Hit Parade]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=14}}
 
====90年代以降====
*[[トラッシュキャン・シナトラズ]] ([[:en:The Trash Can Sinatras|The Trash Can Sinatras]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=66}}
*[[ベル・アンド・セバスチャン]] ([[:en:Belle and Sebastian|Belle and Sebastian]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=64}}
 
=== オーストラリア ===
*[[ゴー・ビトウィーンズ]] ([[:en:The Go-Betweens|The Go-Betweens]]){{sfn|辻󠄀口|2000|page=38}}
 
=== ギリシャ ===
*[[ファンタスティック・サムシング]](Fantastic Something) - 1980年代に登場したヴェイス兄弟のユニット。ギリシャ生、米国育ち。一部では「ギリシャの[[サイモン&ガーファンクル]]」と呼ばれていた。唯一発表されたアルバム制作には、実際サイモン&ガーファンクルの楽曲制作にも長く携わっていたエンジニアの[[ロイ・ハリー]]が担当{{sfn|辻󠄀口|2000|page=12}}
 
=== 日本 ===
*ペニー・アーケード<ref>{{Cite web |url=http://kilikilivilla.com/post/138655099754/news-20160216-penny-arcade-a-girl-from-penny |title=PENNY ARCADE / A GIRL FROM PENNY ARCADE |publisher=KiliKiliVilla |date=2016-02-16 |accessdate=2018-01-10 }}</ref>
*[[デボネア]]<ref>{{Cite web |url=http://kilikilivilla.com/post/165253395119/news-20170912-debonaire未発表音源集lost-and |title=Debonaire未発表音源集『Lost And Found』先行予約受付開始。 |publisher=KiliKiliVilla |date=2017-09-12 |accessdate=2018-01-10 }}</ref>
*ネロリーズ ([[:en:Nelories|Nelories]])<ref>{{Cite web |url=https://artist.cdjournal.com/a/nelories/122974 |title=ネロリーズ |website=CDJournal |publisher=シーディージャーナル |accessdate=2020-02-06 }}</ref>
 
==関連項目==
*[[ギターポップ]]
*[[フォークロック]]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*{{Cite book |和書 |author=辻󠄀口稔之(編・著) |coauthors=浅見広樹・岩渕尚史・岡 人史・金沢和重・鈴木哲哉・多澤佳代・中村清子・松本淑子 |date=2000 |title=ネオ・アコースティック |publisher=[[シンコーミュージック・エンタテイメント|シンコー・ミュージック]] |series=THE DIG PRESENTS DISC GUIDE SERIES |isbn=4-401-61650-2 |ref={{sfnref|辻󠄀口|2000}} }}
*{{Cite journal |和書|author=宮子和眞監修 |title=ギター・ポップ・ジャンボリー |date=1998 |publisher=[[ミュージック・マガジン]] |journal=MUSIC MAGAZINE 増刊 |volume=30 |issue=16 |ref={{sfnref|宮子|1998}} }}
 
==外部リンク==
104

回編集