「慈円」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 経歴 ==
幼いときに[[青蓮院]]に入寺し、[[仁安 (日本)|仁安]]2年([[1167年]])[[天台座主]]・[[明雲]]について受戒。[[治承]]2年([[1178年]])に法性寺座主に任ぜられ、[[養和]]2年(1182年)に[[覚快法親王]]の没後に空席になっていた青蓮院を継いだ(なお、覚快は生前に別の人物に譲る意向があったが、慈円の兄である九条兼実が慈円に譲らせようと圧迫したと伝えられている。また、[[行玄]]から覚快への継承に異論を抱いていた[[実寛]]も慈円への継承に反対したため、覚快・実寛両者が没するまで継承できなかったという<ref>{{Citation|和書|author=稲葉伸道|chapter=青蓮院門跡の成立と展開」(初出:|editor1=河音能平|editor2=福田榮次郎 編『|title=延暦寺と中世社会』(|publisher=法蔵館|year=2004年)}}/所収:{{Citation|和書|author=稲葉伸道|title=日本中世の王朝・幕府と寺社』(|publisher=吉川弘文館、2019年)) |2019年、P278|pages=278-280・303.}}</ref>)。
 
[[建久]]3年([[1192年]])、38歳で[[天台座主]]になる。その後、慈円の天台座主就任は4度に及んだ。『[[徒然草]]』には、一芸ある者なら身分の低い者でも召しかかえてかわいがったとある。
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=多賀宗隼|title=慈円|seriesedition=新装版|publisher=吉川弘文館|series=人物叢書|dateorigyear=1959年、|year=1989}}
* {{Cite book|和書|author=多賀宗隼|title=慈円の研究|series=|publisher=吉川弘文館|dateyear=1980}} 
* {{Cite book|和書|author=鈴木正道|title=慈円研究序説|series=|publisher=桜楓社|dateyear=1993}}
 
{{天台座主}}
|1=小倉百人一首の歌人
}}
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:しえん}}
[[Category:12世紀の僧]]
[[Category:13世紀の僧]]