「渡辺克義」の版間の差分

エスペランチストの側面を記述
(エスペランチストの側面を記述)
'''渡辺 克義'''(わたなべ かつよし、[[1960年]]<ref name="彩流社">梶原衛・渡辺克義『[http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-88202-959-5.html ワルシャワ通信 日本人学校教師のポーランド体験]』 著者紹介、彩流社、2004年。ISBN 978-4882029595。</ref> - )は、[[日本]]の[[言語学者]]・[[歴史学者]]。[[長岡崇徳大学]]教授。本名、渡邊 克義(わたなべ かつよし)。
 
[[新潟県]]生まれ<ref name="彩流社" />。1984年に[[東京外国語大学]][[ロシア語]]学科を卒業、1986年に[[東京都立大学]]大学院修士課程修了<ref name="著者紹介">『ポーランド語 中・東欧のことばをはじめましょう』 著者紹介、朝日出版社、2000年。ISBN 978-4255000169。</ref>。同年から[[ワルシャワ大学]]に留学して[[ポーランド]]文化・歴史を学び<ref name="中国新聞">{{cite news|url=http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=4897|title=ポーランド語版の「ゲン」全10巻完成|newspaper=[[中国新聞]] ヒロシマ平和メディアセンター|date=2011-8-16}}</ref>、1990年に同大学院博士課程修了<ref name="著者紹介" />。帰国後は新潟で中学校教員となる<ref name="中国新聞" />。2004年[[東京大学大学院]]人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学専攻修了、「ポーランド人の姓名 ポーランド固有名詞学序説」で[[文学博士|博士]](文学)<ref name="彩流社" />。[[日本学術振興会]]特別研究員を経て、2000年から[[山口県立大学]]助教授、教授<ref name="中国新聞" /><ref>{{cite web|url=http://www.yamaguchi-pu.ac.jp/gakubu/ic/bunka/kokubunteachers.html|title=教員紹介|publisher=山口県立大学|accessdate=2017-02-22}}</ref>。2019年から[[長岡崇徳大学]]教授。 
 
[[エスペラント]]の学習書、日本文学のエスペラント訳などの著作もある。 
 
== 単著 ==
[[Category:日本の言語学者]]
[[Category:日本の歴史学者]]
[[Category:日本のエスペランティスト]]
[[Category:山口県立大学の教員]]
[[Category:東京外国語大学出身の人物]]