「矢島由紀」の版間の差分

m (カテゴリの追加等修正)
 
通常、役者不在における降板劇はその数話前から何らかの事情で出られなくなり、そのまま降板に流れるケースが多いが、矢島の件は第9話「人を消すなわ跳び」まで確実に出演していたにもかかわらず、翌週で不在・降板というあまりにも突発的なケースだった。その後、矢島は消息を絶っており、公式な形での事情は明らかになっていない。
 
 
2010年に行われたトークショーにて共演した牧野は突然集合の時間にこなかった事、スタッフが朝から右往左往している間、残りのメンバー4人で喫茶店でコーヒーを飲んでいた事、前日に一緒に帰った阪本良介との別れ際に「「私、明日撮影サボるから」と言った事。(その際に、理由は当時の社長に対する怨恨だと阪本に告げていたが、当の阪本は冗談だと思い「いいよー、じゃあサボっちゃえばいいじゃん」と矢島に答えていたという)怖いところはあったが、それでも突然いなくなった事がさびしかった事を語っている。
 
鈴木武幸は矢島の失踪で現場が混乱したことから、「一言で良いから謝罪して欲しかった」と述べている{{R|suzuki}}。