「ざる」の版間の差分

(→‎概説: 「しょうぎ」(馬蹄形のざる))
他にも、形状に着目して、[[盆]]のような形状のざるを「盆ざる」、深みのある丸い形状のざるを「丸ざる」、[[亀]]の[[甲羅]]([[亀甲]])のような形をしたざるを「亀ザル」、四角形のざるを「角ザル」、ざるの「目」(≒ひとつひとつの穴)が大きなざるを「目ざる」、柄(取っ手)がついているざるを「柄ざる」などと分類する方法もある。
 
[[File:Salatschleuder geschlossen.jpg|thumb|水切り器。ふたにある緑色の取っ手をつまみ、赤いハンドルを回すことで、内部のざるが回転し、遠心力で水を切る。]]
[[サラダ]]用の野菜の水切りやパスタ類等の湯切り用の製品として、容器の内部に深いざるが収めてあり、これを付属の[[ハンドル]]と[[歯車]]あるいは引き紐によって高速で回転させることにより[[遠心力]]を利用して効率的に水切りをする'''{{仮リンク|サラダスピナー|en|Salad spinner}}'''あるいは'''野菜水切り器'''などと呼ばれる「回転式のザル」も市販されている。なお、業務用のものにも遠心力で野菜などの水切りをするものがあるが、大容量であり専用の脱水袋に入れて本体にセットし電動で高速に脱水できる(野菜脱水機)。