「ローカル線」の版間の差分

編集の要約なし
また各路線について[[本線]]・[[支線]]の区別があるが、これもいわゆるローカル線とは無関係である。
 
[[私鉄]]においても輸送人員がそのほかの区間・線区に比べ大幅に少ない路線・線区を指す場合が多い。{{独自研究範囲|date=2020年2月|[[近畿日本鉄道]]などではローカル線に位置づけられる路線に[[運賃#加算運賃|加算運賃]]を設定している場合もある}}<!--旧三重交通路線に付しているだけでは。→旧大軌の吉野線にも設定されています。建設費回収目的で鳥羽線・難波線・けいはんな線などの新規建設路線にも設定されている(いた)ので確かにローカル線限定ではないですが。-->。また、地方の私鉄では輸送人員が少ない路線がほとんどであり、他の事業を以て鉄道事業を穴埋めする場合もある。収益が少なくあるいは慢性的な赤字のため、[[鉄道車両|車両]]の更新、[[高速化 (鉄道)|高速化]]<ref>{{Refnest|杉山淳一によると、「[[モータリゼーション|クルマ社会]]となった地方のローカル鉄道こそ圧倒的な速さが必要で、クルマより安全で速い、と言う移動手段としての優位性をアピールしなければならない。本気で地域に鉄道を残そうと考えるなら、まずはスピードアップ。」としている<ref>[http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1209/21/news010.html 杉山淳一の時事日想:「のんびりゆったり」はローカル鉄道を潰す]</ref>。一方、[[鳥塚亮]]は、[[いすみ鉄道]][[社長]]の[[鳥塚亮]]はを務めていた当時、他の交通機関と差別化を図る上でローカル線はのんびり乗れる空いた列車でなければならないとし、乗らなくてもよいので[[鉄道撮影|撮りにきて]]ください、などとPRしている<ref>[http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=695776 いすみ鉄道 社長ブログ ニッポンのムーミン谷?]</ref>。}}や[[自動列車保安装置]]設置、沿線[[鉄道駅|駅]]の[[バリアフリー]]化や[[ホームドア]]設置、[[パークアンドライド]]用駐車場設置、[[乗車カード|IC乗車カード]]導入などの鉄道サービス・安全性向上へのための投資も困難な場合が多く、実際に車両の老朽化や保安装置の不備が招いた[[鉄道事故|事故]]も起こっている。
 
== Local 表記 ==
* その他の観光列車
** {{独自研究範囲|date=2020年2月|[[伊予鉄道]] - [[愛媛県]][[松山市]]内で、[[軽便鉄道]]時代の列車を再現した[[坊っちゃん列車]]を走らせている}}<!--これ自体は事実だが、伊予鉄道の松山市内線はローカル線ではないだろう…-->。
** [[いすみ鉄道]] - [[千葉県]][[いすみ市]]・[[大多喜町]]。[[西日本旅客鉄道|JR西日本]]より譲渡された[[日本国有鉄道|国鉄]]型気動車[[国鉄キハ20系気動車|キハ52形]]・[[国鉄キハ58形気動車|キハ28形]]を利用し、国鉄時代の列車を再現した「観光急行列車」を走らせている。
** [[江ノ島電鉄]] - [[神奈川県]][[鎌倉市]]の[[鎌倉駅]]と[[藤沢市]]の[[藤沢駅]]をつなぐ電車を走らせている。{{独自研究範囲|date=2020年2月|海が見えるローカル線}}として非常に人気が高く、[[湘南]]辺りの海水浴客の足にもなっている。
* 日本国外のローカル線
* [[盲腸線]]
* [[保存鉄道]]
* [[鉄道と政治]]
 
{{Rail-stub}}