「警視正」の版間の差分

編集の要約なし
(210.191.119.52 (会話) による ID:76122582 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
[[公務員試験#国家公務員試験|国家公務員試験]](I種試験)(現:[[総合職]]試験)に合格し[[警察庁]]へ採用された、いわゆる「[[キャリア (国家公務員)#警察庁|キャリア組]]」の警察官は、採用後15年以降で順次昇任する。また、国家公務員試験(II種試験)(現:一般職試験(大卒程度))に合格し警察庁へ採用された、いわゆる「準キャリア組」の警察官は、採用後25年以降で順次昇任する。
 
ノンキャリア(各[[都道府県]]警察に[[地方公務員]]として採用された警察官)は最速で昇任できたとすればしても50歳代であるが、その数は極めて少ないうえ、たとえ昇進できたとしても多くの場合は[[定年]]を間近に控えることになる。
 
== 役職 ==
** [[科学警察研究所]] 総務課長
* [[警視庁]]
** [[参事官]](一部除く)・[[方面本部長]](一部除く)・主要課長(各部総務課、捜査第一課、捜査第二課、保安課、交通規制課、警護課、公安第三課、組織犯罪対策第四課など)・首席監察官・[[警視庁警察学校|警察学校]]副校長・第一[[機動隊|機動隊長]]など
* 道府、指定県警察
** 本部部長(一部除く)・主要参事官・本部主要課長・首席監察官・警察学校長([[岡山県警察|岡山]]・[[熊本県警察|熊本]]除く)・[[市警察部|市警察部長]](一部除く)
== その他 ==
* [[階級章]]は横板と両側の桜葉すべて金色であり、両外側1本である。
* 警察内部では“'''けいしまさ'''”と呼称されることもある(無線連絡時の聞き違い防止に起因する)<ref>『刑事捜査バイブル』相楽総一 編、[[北芝健]] 監修、[[双葉社]]、91ページ、ISBN 978-4-575-30368-1</ref>
 
== 脚注 ==
匿名利用者