「山川登美子」の版間の差分

登美子生年当時、遠敷郡は滋賀県だったため「福井県」を削除
(略歴を訂正(「旧姓も山川」を削除し、「婚家を離縁し、生家に復籍」を追加))
(登美子生年当時、遠敷郡は滋賀県だったため「福井県」を削除)
 
 
== 略歴 ==
*1879年([[明治]]12年)7月19日:[[福井県]][[遠敷郡]]竹原村(現[[小浜市]])に[[山川貞蔵]]、ゑいの4女として生まれる。生家は[[小浜藩]]の上級[[藩士]]の旧家筋。
*[[1895年]](明治28年):[[大阪]]の[[ミッションスクール]][[梅花女学校]]に入学、[[1897年]](明治30年)同校を卒業。
*[[1900年]](明治33年)4月:母校の[[研究生]]となり英語を[[専修]]。同年、[[与謝野鉄幹]]が創刊した雑誌[[明星 (文芸誌)|明星]]に歌が掲載される。8月には鉄幹と、翌年鉄幹と結婚する[[与謝野晶子]](旧姓・鳳)に出会う。この頃、「明星」の社友となった。
5

回編集