「ジョセップ・ボレル」の版間の差分

m
ぐれた症候群発言追加
m
m (ぐれた症候群発言追加)
 
翌日、ボレルは発言について[[スウェーデン]]にのみ言及したつもりであったとして、気分を害した人びとに対して謝罪した。しかしこの発言は批判をさらに増大させる結果にしかならず、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの各紙はボレルについて歴史だけでなく地理についても知識が不足していると書きたてた。
 
2020年2月5日にボレルは、ブリュッセルの欧州議会でのイベントでスウェーデンの環境活動家[[グレタ・トゥーンベリ|グレタ・トゥンベリ]]による気候変動対策を訴えるデモに参加する若者らを『グレタ症候群』と事実上皮肉を込めた発言をし、非難を浴びることとなった<ref>{{Cite web|title=EU外相、「グレタ症候群」発言を謝罪:時事ドットコム|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020900130&g=int|website=時事ドットコム|accessdate=2020-02-11|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=「グレタ症候群」発言を謝罪 EU外相、ツイッターで若者らに|url=https://www.47news.jp/4504903.html|website=47NEWS|accessdate=2020-02-11|language=ja}}</ref>。
 
== 脚注 ==